坂本龍一×Rhizomatiks、オンラインピアノコンサートを12月に生配信

坂本龍一のオンラインコンサート『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020』が日本時間12月12日19:30から配信される。

坂本龍一にとって2020年最後のピアノコンサートとなる『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020』は、高レベルの音質を実現する配信サービス「MUSIC/SLASH」を使用して、都内のスタジオから日本、アメリカ、台湾、タイ、韓国、シンガポール、カナダ、オーストラリアに向けて生配信。年末に開催される日本でのピアノコンサートは2013年以来、7年ぶりとなる。ライブの演出は真鍋大度擁するRhizomatiksが担当。撮影監督はZakkubalanが務める。

「MUSIC/SLASH」はサービスのこけら落としとして山下達郎が「キャリア45年で初」のライブ映像配信を行なったことでも知られ、日本国内向けには、さらに高音質を追求したサービスで最大96kHz/24bitのハイレゾ音質でストリーミングを行なうiOS、Androidアプリケーション「MUSIC/SLASH Premium」がローンチされる。チケットは日本時間12月7日まで販売中。

また『Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020』の作品名が『2020S』に決定。予約開始は日本時間10月30日12:00となる。

坂本龍一のコメント

少し前から考えられない高音質でストリーム配信できるようになったそう。
その新しいテクノロジーを使った、僕の初めてのソロライブです。
どこまで繊細な音が皆さんの耳に届くのか、今からワクワクしています。

イベント情報

『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020』

2020年12月12日(土)日本時間19:30から配信  料金:MUSIC/SLASH 5,000円(税別) MUSIC/SLASH Premium 9,500円(税別)
  • HOME
  • Music
  • 坂本龍一×Rhizomatiks、オンラインピアノコンサートを12月に生配信

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて