神山健治監督の書き下ろし新作長編アニメが2022年にWOWOWで放送予定

神山健治監督の新作長編アニメが2022年にWOWOWで放送される。

2021年4月に開局30周年を迎えるWOWOWのオリジナルアニメとして、『攻殻機動隊 S.A.C.』『東のエデン』『009 RE:CYBORG』『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』などの神山健治監督が書き下ろす新作アニメ。タイトルはまだ未発表だが、青春社会派クライムアドベンチャー作品になる予定とのこと。制作は『あした世界が終わるとしても』『花とアリス殺人事件』などのクラフターが担当する。

神山健治監督のコメント

長年温めてきた構想や、これまでの歩みの中で出会った風景、そして人々の生活に大きな変化をもたらした2020年。そのあらゆる経験をもとに、新しく生まれてくるアイデアを大切にしながら、現在脚本を執筆してます。これから本格的な制作期間にはいります。
信頼するスタッフの皆さんと思いを共有しながら、さらにアイデアを練り上げていきます。
本作品は、縁あってWOWOWの開局30周年記念番組としてお贈りすることになりました。まだ内容をお伝えすることはできませんが、どんな物語になるのか、ぜひ楽しみにお待ちください。

番組情報

『神山健治監督書き下ろし・新作長編アニメ』

2022年にWOWOWで放送予定 監督・脚本:神山健治 制作:クラフター

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 神山健治監督の書き下ろし新作長編アニメが2022年にWOWOWで放送予定

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて