『ホモ・サピエンスの涙』×和田ラジヲ、大橋裕之、長尾謙一郎、Noritakeら

ロイ・アンダーソン監督の映画『ホモ・サピエンスの涙』に寄せられた著名人イラストが公開された。

『第76回ヴェネチア国際映画祭』銀獅子賞を受賞した同作は、この世に絶望し、信じるものを失った牧師、戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル、これから愛に出会う青年、陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャーなど時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇を描いた作品。全33シーンは全てワンシーンワンカットで撮影されたという。11月20日から公開。

イラストを寄せたのは、和田ラジヲ、大橋裕之、長尾謙一郎、Noritake、大嶋奈都子、最上直彦。それぞれが選んだお気に入りのワンシーンをイラスト化している。

Noritakeのコメント

一度の人生を、毎日何かをしながら生きていて、できない日も沢山あって。
不完全な毎日がひどく残念な気もするが、また明日も懲りずに生きている。
彼らのように繊細に普通に暮らしたい。誰かに見られて生きているんじゃないのだから。

大橋裕之のコメント

ずっと観ていられます。

長尾謙一郎のコメント

芸術の王が撮った映画

作品情報

『ホモ・サピエンスの涙』

2020年11月20日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督・脚本:ロイ・アンダーソン 出演: マッティン・サーネル タティアーナ・デローナイ アンデシュ・ヘルストルム 上映時間:76分 配給:ビターズ・エンド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ホモ・サピエンスの涙』×和田ラジヲ、大橋裕之、長尾謙一郎、Noritakeら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて