『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』累計興行収入が5週目で230億円を突破

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開5週目週末および公開31日間の興行成績が発表された。

10月16日から公開されている同作は、吾峠呼世晴の漫画『鬼滅の刃』をもとに、「無限列車」に乗り込んだ竈門炭治郎らと過去最強の敵・魘夢との戦いを描いた作品。

11月14日の観客動員は611418人、興行収入は795,343,500円。11月15日の観客動員は535986人。興行収入は726,313,550円。

10月16日から11月15日までの31日間の累計観客動員は、IMAXシアター38館含む全国413館で17505285人。累計興行収入は23,349,291,050円となった。

日本公開映画の歴代興行収入ランキングでは、4位『君の名は。』の約250億円、3位『アナと雪の女王』の約255億円、2位『タイタニック』の約262億円に迫っている。

作品情報

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

2020年10月16日(金)全国公開
監督:外崎春雄 原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプコミックス) 脚本制作:ufotable 音楽:梶浦由記、椎名豪 主題歌:LiSA“炎” アニメーション制作:ufotable 声の出演: 花江夏樹 鬼頭明里 下野紘 松岡禎丞 日野聡 平川大輔 配給:東宝、アニプレックス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』累計興行収入が5週目で230億円を突破

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて