電気グルーヴから「鬼日」のお知らせ到着、今年で31年目 限定サウンドも

電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着した。

今年で31年目を迎える鬼日は、電気グルーヴが11月17日に設定した記念日。1990年11月17日にイギリス・マンチェスターでメジャー1stアルバム『FLASH PAPA』の収録曲“カフェ・ド・鬼”をレコーディングしている際に、「鬼」のフレーズを何度試みてもOKが出なかったピエール瀧が数十回にわたって「鬼」と言わなければならなかったエピソードが由来だ。それ以降、ピエール瀧が「今まで生きてきた人生の中で最も“鬼”という言葉を口にした日」として11月17日が鬼日となった。

1日限定で鬼日仕様となっている電気グルーヴのオフィシャルサイトには電気グルーヴからのメッセージが掲載されているほか、2020年の「鬼日」限定のサウンドが再生できる。

  • HOME
  • Music
  • 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせ到着、今年で31年目 限定サウンドも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて