電気グルーヴ

でんきぐるーゔ
電気グルーヴ

80年代後半インディーズで活動していた前身バンド「人生」解散後、石野卓球とピエール瀧が中心となり「電気グルーヴ」を結成。1991年アルバム『FLASHPAPA』でメジャーデビュー。1995年ベルリンのレーベル「MFS」からシングル「虹」がヨーロッパリリースすることをきっかけに海外での活動をスタート。「FUJI ROCK FESTIVAL」「WIRE」「MAYDAY」など国内外のフェスに出演した後、2001年活動休止。それぞれのソロ活動を経て2004年に活動を再開し、数々のフェスへの出演、アニメやCMの主題歌を手がけるなど幅広く活躍。2013年オリジナルアルバム『人間と動物』をリリースし、5年ぶりの全国ツアー「ツアーパンダ」をスタートさせた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)