般若の記録映画『その男、東京につき』予告編 Zeebra、AI、R-指定らが証言

般若のドキュメンタリー映画『その男、東京につき』の予告編が到着した。

12月25日から公開される同作は、般若にとって初の長編ドキュメンタリー。いじめ、音楽との出会いとジレンマ、自殺をも考えた過去などいくつもの困難に行先を絶たれても書くことだけは辞めなかった般若が、父への想いや、大きく変わった世の中の状況、今後の想いを語るほか、Zeebra、AI、t-Ace、R-指定(Creepy Nuts)、T-Pablow(BAD HOP)、BAKU、長渕剛らが証言する。

般若のステージ映像を中心とした予告編では、般若が音楽について「自分が初めて楽しいと思ったものがそこだった」と語る様子や、初めて般若のデモテープを聴いたときを振り返るZeebraの「次の時代が始まる感じ」というコメント、AIが「彼は新しいヒップホップのスタイルを作っている」と語る場面に加えて、t-Ace、R-指定、T-Pablow、BAKU、NORIKIYOらの姿が確認できる。

今回の発表とあわせて劇場情報が更新された。

作品情報

『その男、東京につき』

2020年12月25日(金)から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開
監督:岡島龍介 出演: 般若 Zeebra AI t-Ace R-指定(Creepy Nuts) T-Pablow(BAD HOP) BAKU 長渕剛 配給:REGENTS
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 般若の記録映画『その男、東京につき』予告編 Zeebra、AI、R-指定らが証言

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて