Amazon Music「Best of the Year Japan 2020」発表 髭男が3冠達成

Amazon Music「Best of the Year Japan 2020」が発表された。

Amazonではストリーミング、CD販売、MP3ダウンロードなど様々な方法で音楽を提供。これらをAmazon独自の計算式で合算して集計した結果、今年「最も人気のあったアーティスト」はOfficial髭男dismとなったほか、Amazon Musicで2020年最もストリーミング再生された楽曲として、Official髭男dismの“Pretender”がトップに輝いた。Official髭男dismはトップ20に6曲がランクイン。

次いで米津玄師はCD販売で1位となったことに加え、8月にストリーミングが解禁され、総合2位を獲得。そのほか5位のKing Gnu、6位のBTS、9位のLiSAといったアーティストがCD販売とストリーミング双方で大きな伸びを記録しトップ20位にランクインした。また1月にストリーミングを解禁した中島みゆきが18位にランクインするなど、チャートにおけるストリーミングの影響がより顕著に現れたという。

「最もストリーミング再生された楽曲」では、1位のOfficial髭男dismの“Pretender”のほか、2位のYOASOBI“夜に駆ける”、4位の瑛人“香水”など、ソーシャルメディアをきっかけにブレイクしたアーティストの楽曲が人気を集めたほか、洋楽ではBTS“Dynamite”が13位、ビリー・アイリッシュ“bad guy”が15位にランクイン。

2020年の特徴的な傾向は、YOASOBI、瑛人、yamaといった若者を中心に支持を拡大したアーティストがストリーミングチャートを賑わせたことで、これらのアーティストの共通点として、歌詞に「好き」「笑顔」「隣」「側 / 横にいる」「夢」など日常的な言葉を用いていること、「夜」をテーマにした楽曲、歌詞が多いことが挙げられるという。

「最もAmazon Alexaを通じて再生された楽曲」では、“Pretender”が1位を獲得したほか、Official髭男dismの6曲が上位20にランクイン。このランキングで特徴的な点は、キッズに人気の楽曲が「最もストリーミング再生された楽曲ランキング」に比べて上位にランクインしていることだという。アニメ『鬼滅の刃』主題歌の“紅蓮華”は「最もストリーミング再生された楽曲」ランキングでは11位だったが、このランキングでは4位、Foorin“パプリカ”は44ランク上がって15位、松たか子&オーロラ“イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに”は31ランク上がり17位、星野源“ドラえもん”は39ランク上がり18位、ドリーミング“アンパンマンのマーチ”は100位以圏外から19位という結果に。

高音質ストリーミング配信サービスAmazon Music HDでは、Amazon Music Unlimitedに比べて洋楽全般、クラッシック、ジャズ、ダンス系アーティストがより聴かれている傾向にあるとのこと。

また最も再生されたポッドキャストは「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」。2位が霜降り明星、3位がサンドウィッチマン、9位が三四郎、11位が宮下草薙、12位がトータルテンボス、20位ロンドンブーツ1号2号とお笑い芸人の番組が多数ランクインしているほか、4位に「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」、6位に「“MOOK STUDY”日本の歴史」、14位に「台本なし英会話レッスン」など教育系コンテンツもランクインしている。

集計期間は1月1日から11月20日。

  • HOME
  • Music
  • Amazon Music「Best of the Year Japan 2020」発表 髭男が3冠達成

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて