ニュース

Amazon Music「Best of the Year Japan 2020」発表 髭男が3冠達成

「Best of the Year Japan 2020」
「Best of the Year Japan 2020」

Amazon Music「Best of the Year Japan 2020」が発表された。

Amazonではストリーミング、CD販売、MP3ダウンロードなど様々な方法で音楽を提供。これらをAmazon独自の計算式で合算して集計した結果、今年「最も人気のあったアーティスト」はOfficial髭男dismとなったほか、Amazon Musicで2020年最もストリーミング再生された楽曲として、Official髭男dismの“Pretender”がトップに輝いた。Official髭男dismはトップ20に6曲がランクイン。

次いで米津玄師はCD販売で1位となったことに加え、8月にストリーミングが解禁され、総合2位を獲得。そのほか5位のKing Gnu、6位のBTS、9位のLiSAといったアーティストがCD販売とストリーミング双方で大きな伸びを記録しトップ20位にランクインした。また1月にストリーミングを解禁した中島みゆきが18位にランクインするなど、チャートにおけるストリーミングの影響がより顕著に現れたという。

「最もストリーミング再生された楽曲」では、1位のOfficial髭男dismの“Pretender”のほか、2位のYOASOBI“夜に駆ける”、4位の瑛人“香水”など、ソーシャルメディアをきっかけにブレイクしたアーティストの楽曲が人気を集めたほか、洋楽ではBTS“Dynamite”が13位、ビリー・アイリッシュ“bad guy”が15位にランクイン。

2020年の特徴的な傾向は、YOASOBI、瑛人、yamaといった若者を中心に支持を拡大したアーティストがストリーミングチャートを賑わせたことで、これらのアーティストの共通点として、歌詞に「好き」「笑顔」「隣」「側 / 横にいる」「夢」など日常的な言葉を用いていること、「夜」をテーマにした楽曲、歌詞が多いことが挙げられるという。

「最もAmazon Alexaを通じて再生された楽曲」では、“Pretender”が1位を獲得したほか、Official髭男dismの6曲が上位20にランクイン。このランキングで特徴的な点は、キッズに人気の楽曲が「最もストリーミング再生された楽曲ランキング」に比べて上位にランクインしていることだという。アニメ『鬼滅の刃』主題歌の“紅蓮華”は「最もストリーミング再生された楽曲」ランキングでは11位だったが、このランキングでは4位、Foorin“パプリカ”は44ランク上がって15位、松たか子&オーロラ“イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに”は31ランク上がり17位、星野源“ドラえもん”は39ランク上がり18位、ドリーミング“アンパンマンのマーチ”は100位以圏外から19位という結果に。

高音質ストリーミング配信サービスAmazon Music HDでは、Amazon Music Unlimitedに比べて洋楽全般、クラッシック、ジャズ、ダンス系アーティストがより聴かれている傾向にあるとのこと。

また最も再生されたポッドキャストは「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」。2位が霜降り明星、3位がサンドウィッチマン、9位が三四郎、11位が宮下草薙、12位がトータルテンボス、20位ロンドンブーツ1号2号とお笑い芸人の番組が多数ランクインしているほか、4位に「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」、6位に「“MOOK STUDY”日本の歴史」、14位に「台本なし英会話レッスン」など教育系コンテンツもランクインしている。

集計期間は1月1日から11月20日。

「最も人気のあったアーティスト」
「最も人気のあったアーティスト」
「最も再生された楽曲」
「最も再生された楽曲」
「最もAmazon Alexaを通じて再生された楽曲」
「最もAmazon Alexaを通じて再生された楽曲」
「最も再生されたポッドキャスト」
「最も再生されたポッドキャスト」
画像を拡大する(5枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性