門脇麦と平野紗季子が島原を旅しながら料理を味わうEテレ『きみと食べたい』

連食テレビエッセー『きみと食べたい』が12月24日にNHK Eテレで放送される。

連食テレビエッセー『きみと食べたい』は、「食」をテーマに据えた新番組。門脇麦とフードエッセイストの平野紗季子が、長崎・島原を旅しながらその土地に根ざした「ここでしか食べられない」料理を味わう姿が映し出される。ナレーターは岡田健史が担当。

門脇麦のコメント

『食』を突き詰めたら、不思議とその土地で暮らす方々が大にしているものが見えてきて、文化や営みに少し触れられたような気がしました。

平野紗季子のコメント

そのレストランの扉の向こうには、素晴らしい食材、人、風景が広がっていました。旅の難しい日々は続きますが、とある海辺の街に生きる人々の、食を通した声や想いを味わっていただけたらと思います。

番組情報

連食テレビエッセー『きみと食べたい』

2020年12月24日(木)22:00〜22:30にNHK Eテレで放送
出演: 門脇麦 平野紗季子 ナレーター:岡田健史
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 門脇麦と平野紗季子が島原を旅しながら料理を味わうEテレ『きみと食べたい』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて