新垣結衣&星野源が表紙『SWITCH』ドラマ特集に吉沢亮、高橋一生、木村拓哉

特集記事「ドラマのかたち 2020-2021」が12月20日発売の雑誌『SWITCH Vol.39 No.1』に掲載される。

70ページにおよぶ同特集では、表紙巻頭に『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』から新垣結衣と星野源が登場。年間を通してドラマが活況を呈した2020年と、これから放送予定の注目ドラマを取材し、キャスト、制作スタッフの肉声から「観たくなるドラマ」の秘密を紐解く。

NHK大河ドラマ『青天を衝け』主演の吉沢亮撮り下ろしフォトストーリー、インタビューでは、作品のメインビジュアルを担当した写真家・操上和美とのフォトセッションを展開。

さらに12月28日からNHKで3夜連続放送される『岸辺露伴は動かない』主演の高橋一生、1月3日からフジテレビで2夜連放送される『教場II』主演の木村拓哉のそれぞれの撮り下ろしポートレイト、インタビューを収録。高橋一生は荒木飛呂彦原作と「岸辺露伴」という役への思い、脚本家の小林靖子と音楽を担当した菊地成孔は制作秘話を明かす。木村拓哉は『教場II』について語るほか、過去の出演ドラマを振り返る。

このほか秋元康のロングインタビューや、『あのコの夢を見たんです。』『この恋あたためますか』の仲野太賀、『浦安鉄筋家族』『私たちはどうかしている』の岸井ゆきのへの取材、テレビ東京「ドラマ24」チーフプロデューサー阿部真士のドラマ制作術などを掲載。

書籍情報

『SWITCH Vol.39 No.1』

2020年12月20日(日)発売 価格:1,000円(税抜) 発行:スイッチ・パブリッシング
  • HOME
  • Book
  • 新垣結衣&星野源が表紙『SWITCH』ドラマ特集に吉沢亮、高橋一生、木村拓哉

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて