テーマパークのアトラクションに恋をする 映画『恋する遊園地』1月公開

映画『恋する遊園地』が1月15日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。日本版アートワークが公開された。

同作は、フランス・パリのエッフェル塔と恋に落ち、実際に結婚したアメリカ人女性のことが書かれた新聞記事から着想を得て制作された作品。テーマパークの夜間スタッフとして働き始めるジャンヌが、新たに導入されたアトラクション「ムーブ・イット」に出会い、恋に落ちる様を描く。フランスでイメージ通りのアトラクションを見つけた制作陣が撮影地となるベルギーに移動をし、1年かけてカスタマイズしたという。原題は『JUMBO』。

監督はゾーイ・ウィットック。主人公のジャンヌ役を『燃ゆる女の肖像』のノエミ・メルランが演じる。そのほかエマニュエル・ベルコ、バスティアン・ブイヨン、サム・ルーウィックがキャストに名を連ねている。

作品情報

『恋する遊園地』

2021年1月15日(金)から新宿バルト9ほか全国で公開
監督・脚本:ゾーイ・ウィットック 出演: ノエミ・メルラン エマニュエル・ベルコ バスティアン・ブイヨン サム・ルーウィック 上映時間:94分 配給:クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • テーマパークのアトラクションに恋をする 映画『恋する遊園地』1月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて