吉永小百合主演『いのちの停車場』特報公開 松坂桃李、広瀬すずらの姿も

映画『いのちの停車場』の特報映像が到着した。

終末期医療専門病院に勤務する医師で、ドラマ『ディア・ペイシェント』の原作者でもある作家・南杏子の同名小説を映画化する『いのちの停車場』は、日本の長寿社会における現代医療制度の問題点や、尊厳死、安楽死などの医療制度のタブーに向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族を描いた作品。長年大学病院で救命救急医として勤務してきたが、とある事情から石川県にある実家に戻り、在宅医療を通して患者と向き合う「まほろば診療所」に勤めることになる主人公・白石咲和子役を吉永小百合が演じる。5月21日から公開。

咲和子が救命救急医として働く場面からスタートする特報映像には“アメイジンググレイス”を使用。咲和子が雪を見つめる様子や、松坂桃李演じる医大卒の野呂聖二、広瀬すず演じる訪問看護師・星野麻世役、西田敏行演じる院長・仙川徹の姿などが映し出されている。

吉永は122作目となる同作で初の医師役に挑戦。実際に在宅医療を行なう「つるかめ診療所」の鶴岡優子、鶴岡浩樹、東京女子医科大学病院・救命救急センター長の矢口有乃に医療指導を受けて撮影に臨んだとのこと。

作品情報

『いのちの停車場』

2021年5月21日(金)から全国公開
監督:成島出 脚本:平松恵美子 原作:南杏子『いのちの停車場』(幻冬舎) 出演: 吉永小百合 松坂桃李 広瀬すず 南野陽子 柳葉敏郎 小池栄子 みなみらんぼう 泉谷しげる 石田ゆり子 田中泯 西田敏行
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 吉永小百合主演『いのちの停車場』特報公開 松坂桃李、広瀬すずらの姿も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて