ニュース

ヒップホップ黎明期を記録したドキュメンタリー映画『Style Wars』3月公開

映画『Style Wars』が3月26日から東京・渋谷のWHITE CINE QUINTO、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

約40年の時を経て日本劇場初公開となる同作は、1970から80年代初頭のアメリカ・ニューヨークのサウスブロンクスで誕生した「グラフィティー」をテーマに取り上げ、ラップやブレイキンなど、後に「ヒップホップ」と呼ばれるカルチャーが生まれ落ちる瞬間を捉えたドキュメンタリー。同時期に制作された『Wild Style』と共に「ヒップホップヘッズのバイブル」として語り継がれていた。出演者にはSkeme、Rock Steady Crew、Dynamic Rockersらが名を連ね、監督をトニー・シルバーが務めた。

今回の発表とあわせて予告編とポスタービジュアル、いとうせいこうのコメントが公開。予告編では、崩落した街の中をグラフィティーで彩られた電車が走るシーンをはじめ、グラフィティーを目にした男性が「生活の質に関わる犯罪だ」「アートじゃない」と吐き捨てる姿、「だたの惨めなサブカルチャーよ」という言葉、少年たちがグラフィティーやブレイキンを披露する場面、「想像力の赴くまま描けば自分のスタイルが広がるのさ」という声などが確認できる。

いとうせいこうのコメント

こんなフィルムが残ってるなんて!で、今回の生々しい記録でも明らかだが(『ワイルド・スタイル』でもわかる)、この頃のヒップホップ界隈にはヒスパニック系なども多かったのだ。こうした人種の、起源での混在は何度強調しても足りない。

『Style Wars』ポスタービジュアル ©MCMLXXXIII Public Art Films, Inc. All Rights Reserved
『Style Wars』ポスタービジュアル ©MCMLXXXIII Public Art Films, Inc. All Rights Reserved
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材