アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役 映画『ファーザー』5月公開

映画『The Father』が、『ファーザー』の邦題で5月に東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

同作は世界30か国以上で上演されたフロリアン・ゼレール原作の舞台『Le Père』を映画化したもの。日本では、2019年に『Le Père 父』のタイトルで、橋爪功、若村麻由美出演のもと上演された。映画化にあたり、ゼレール自身が長編初監督作としてメガホンをとり、アカデミー賞受賞歴を持つ脚本家クリストファー・ハンプトンが共同脚本を務めた。年齢と共に経験する喪失と親子の愛を、記憶や時間が混迷していく父の視点で描く。

12月31日に83歳の誕生日を迎えたアンソニー・ホプキンスが自身と同名、同年齢、同誕生日の認知症の父親役を演じており、本年度『アカデミー賞』主演男優賞で有力視されているとのこと。もし受賞すれば、『羊たちの沈黙』レクター博士役以来、30年ぶりの受賞となる。父を介護する娘役にはオリヴィア・コールマンがキャスティング。

作品情報

『ファーザー』

2021年5月に東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開
監督:フロリアン・ゼレール 脚本:クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール 原作:フロリアン・ゼレール『Le Père』 出演: アンソニー・ホプキンス オリヴィア・コールマン マーク・ゲイティス イモージェン・プーツ ルーファス・シーウェル オリヴィア・ウィリアムズ 上映時間:97分 配給:ショウゲート
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役 映画『ファーザー』5月公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて