カメラマン深川麻衣にフォーカス 映画『おもいで写眞』メイキング写真が到着

映画『おもいで写眞』のメイキング写真が到着した。

1月29日から公開される同作は、熊澤尚人監督が「人が生きる豊かさと年を重ねる美しさ」を描いた同名小説を自ら映画化した作品。頑固な性格が災いして美容部員の仕事をクビになった音更結子は、母の代わりに自分を育ててくれた祖母が亡くなったことを知って故郷に戻るが、幼なじみの星野一郎から遺影撮影の仕事をしてみないかと誘われ、やがて思い出のある場所で写真を撮る「おもいで写真」を始めるというあらすじだ。結子役を深川麻衣、星野役を高良健吾、「おもいで写真」を始めるきっかけとなる和子役を吉行和子が演じる。

メイキング写真は、普段からフィルムカメラを持ち歩いているという深川が撮影の合間に共演者やスタッフにカメラを向ける姿と捉えたもの。カメラマンという役を演じたことについて深川は「フィルムカメラで写真を撮るのは昔から好きだったんですけど、自分で設定して撮るというのが初めてだったので、現場のカメラマンさんに色々撮影前から撮影中もご指導いただいて、撮影していました」「強く意識したのは声の掛け方です。本当にカメラマンさんって、掛け声とかテンポを作るのが上手なので、“はい、チーズ”とか“はい、はい”とか掛け声をちょっとずつ変えていきました」と語っている。

作品情報

『おもいで写眞』

2021年1月29日(金)から全国公開
監督:熊澤尚人 脚本:熊澤尚人、まなべゆきこ 原作:熊澤尚人『おもいで写眞』(幻冬舎文庫) 主題歌:安田レイ“amber” 出演: 深川麻衣 高良健吾 香里奈 井浦新 古谷一行 吉行和子 配給:イオンエンターテイメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • カメラマン深川麻衣にフォーカス 映画『おもいで写眞』メイキング写真が到着

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて