Eveとsuis from ヨルシカのコラボ曲“平行線”がロッテ「Gift」テーマ曲に

Eveとsuis from ヨルシカのコラボレーション楽曲“平行線”がロッテ ガーナチョコレート「Gift」のテーマソングに起用されることがわかった。

Eveが書き下ろし、suisと共に歌唱した同曲。今回の発表とあわせて公開されたアニメーション作品「ガーナ Gift篇」に使用されている。同作は企画と脚本を川村元気、監督を依田伸隆が務め、キャラクターデザインを押山清高、美術監督を金子雄司が担当。サイトでの公開を皮切りにテレビCMとして全国放映されるほか、約4分半のフルバージョンが近日公開予定だ。

ロッテ ガーナチョコレートの公式Twitterアカウントでは、2月14日まで『平行線』の限定ジャケットCDやガーナシリーズがプレゼントされるキャンペーンを実施中。

Eveのコメント

今年もガーナ バレンタインとご縁があり音楽を作らせて頂きました。

今回のテーマは『平行線』
お互いのすれ違う心情や、当たりまえだと思っていた日々の大切さ、世界は少しだって思うようにはなってくれないけれど、それでもこの2人を見ていると想いを伝えるという事を止めてはならないと、そういう気持ちにさせてもらいました。

そして敬愛するヨルシカのsuisさんを歌に交え、一緒に歌えたことは僕にとってもこの曲にとってもとても意味のあるものになったと、大変感謝しています。

去年の『心予報』とはまた違ったバレンタインの形を、今年もどうぞ宜しくお願いします。

suis from ヨルシカのコメント

一年で一番バレンタインが好きです。

『Gift』は人生通してのマイブームなのですが、チョコレートに想いを込めて贈るなんてさすがにそれはロマンティックすぎるだろうとバレンタインには毎年驚かされます。

今年は大好きなバレンタイン、大好きなガーナ、そしてバレンタインズマン・Eveさんと共に歌に想いを込めてお届けするという機会をいただき、とてもとても幸せです。

こんなままならないご時世だからこその『Gift』。皆様もぜひGhanaを贈って、想いを贈るロマンを体感してくださいね!

  • HOME
  • Music
  • Eveとsuis from ヨルシカのコラボ曲“平行線”がロッテ「Gift」テーマ曲に

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて