門脇麦×水原希子『あのこは貴族』高良健吾が撮影秘話を明かす特別映像到着

映画『あのこは貴族』の場面写真と特別映像が公開された。

『ここは退屈迎えに来て』『アズミ・ハルコは行方不明』などの山内マリコの同名小説を原作とする『あのこは貴族』は、初のオリジナル長編『グッド・ストライプス』で『新藤兼人賞』金賞を受賞した岨手由貴子監督の長編2作目。都会に生まれ、婚活に余念がない箱入り娘の華子と、地方から上京して自力で都会を生き抜く美紀の人生が交錯したとき、それぞれに思いもよらない世界が拓けていくというあらすじだ。華子役に門脇麦、美紀役に水原希子がキャスティング。2月26日から公開される。

特別映像では、華子と美紀を結びつけ、やがて華子と結婚することになる弁護士・幸一郎役の高良健吾が自身が演じた幸一郎について「一流のものが生まれたときから用意されている」、演じた際「あまり感じたことのないドキドキ」を感じていたと語る様子や、門脇と水原が「高良さんが幸一郎を演じることでどこかチャーミングな人になる」と語る場面などが映し出されている。

作品情報

『あのこは貴族』

2021年2月26日(金)から全国公開
監督・脚本:岨手由貴子 原作:山内マリコ『あのこは貴族』(集英社文庫) 出演: 門脇麦 水原希子 高良健吾 石橋静河 山下リオ ほか 配給:東京テアトル、バンダイナムコアーツ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 門脇麦×水原希子『あのこは貴族』高良健吾が撮影秘話を明かす特別映像到着

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて