小栗旬らが出演『ゴジラvsコング』5月公開、日本版予告編到着

映画『GODZILLA VS. KONG』の邦題が『ゴジラvsコング』に決定。5月14日から公開される。

王として覚醒したゴジラとコングの戦いを描く同作は、ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、『GODZILLA ゴジラ』から展開してきたハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズの最新作。キャストにアレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリーらが名を連ねるほか、小栗旬が芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮役で出演している。北米では3月31日から公開。

今回の発表とあわせて日本版予告編と場面写真が公開。日本版だけの独自カットが追加された予告編には、コングと話せる唯一の少女がコングと人差し指を接触させる様子をはじめ、「危険が迫ってる 我々にはコングが必要だ」という言葉、「地球最大の究極対決」というコピー、芹沢蓮の姿、ゴジラとコングの戦闘シーンなどが確認できる。同映像は2月11日から全国の劇場で順次上映予定。

場面写真にはゴジラとコングとの海上での決戦が写し出されている。

作品情報

『ゴジラvsコング』

2021年5月14日(金)から公開
監督:アダム・ウィンガード 脚本:エリック・ピアソン、マックス・ボレンスタイン 出演: アレクサンダー・スカルスガルド ミリー・ボビー・ブラウン レベッカ・ホール ブライアン・タイリー・ヘンリー 小栗旬 エイザ・ゴンザレス ジュリアン・デニソン カイル・チャンドラー デミアン・ビチル
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 小栗旬らが出演『ゴジラvsコング』5月公開、日本版予告編到着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて