音楽賞『APPLE VINEGAR』候補にBIM、ラブサマちゃん、角銅真実、ASOBOiSMら

音楽賞『第4回APPLE VINEGAR -Music Award-』のノミネーションが発表された。

後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が設立した『APPLE VINEGAR -Music Award-』は、若手ミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞。デビューアルバムに限らず、キャリア初期に発表した作品を評価する仕組みは『芥川龍之介賞』を参考にしているという。

第4回となる今回も昨年発表されたアルバムから後藤がセレクト。Green Assassin Dollar『BLANKBEATTAPE』、BIM『Boston Bag』、LEX『LiFE』、ゆうらん船『MY GENERATION』、角銅真実『oar』、ASOBOiSM『OOTD』、Moment Joon『Passport & Garcon』、ラブリーサマーちゃん『THE THIRD SUMMER OF LOVE』、jan and naomi『YES』、田中ヤコブ『おさきにどうぞ』の10作品がノミネートしている。

3月の選考会を経て大賞を決定。審査員は後日発表される。賞金は後藤が10万円を用意するほか、坂本龍一と亀田誠治がそれぞれ10万円を拠出する。『APPLE VINEGAR -Music Award-』では企業からの協賛を募集中。

後藤正文のコメント

APPLE VINEGAR -Music Award-はお陰さまで4年目を迎えることができました。応援してくださっている皆様に感謝します。
音楽賞を主催することは権威性を纏うことでもあります。そうした本質を考えると、自分のなかにある不遜さと向き合う他はありません。なんということをはじめてしまったのかと、後悔する瞬間もあります。ゆえに、できる限りクリーンかつオープンで、ポップミュージックの将来について少しでも貢献できるような賞を真摯に目指します。
コロナ禍にあって、ミュージシャンに限らず、様々な業態の皆さんが苦しい状況に直面していると思います。そうしたなか、ご支援を募ることに若干の躊躇がありますが、引き続き当アワードでは賞金を拠出してくださる法人や団体を募集しています。たったひとつの機材がアルバム一枚分のインスピレーションを与えてくれることがあります。そうした瞬間の到来にお力添えいただけたら、とても嬉しいです。
後藤正文

  • HOME
  • Music
  • 音楽賞『APPLE VINEGAR』候補にBIM、ラブサマちゃん、角銅真実、ASOBOiSMら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて