江戸川乱歩原案、木下ほうか主演映画『裸の天使 赤い部屋』が限定公開

映画『裸の天使 赤い部屋』が4月2日から東京・シネマート新宿で公開される。

江戸川乱歩の短編小説『畸形の天女』をもとにした同作。あらすじは、不動産会社を経営する松永が週に1度訪れる秘密の隠れ家で文子という少女と出会い、いつしか深い関係に落ちていくが、松永の前に「文子に会うな」と告げる謎の男が現れるというもの。木下ほうかが主演、窪田将治が監督、脚本、編集を務めている。2週間限定レイトショーで上映。

木下ほうかが松永役を演じるほか、文子役に中山来未がキャスティング。そのほか柳憂怜、波岡一喜、草野康太、仁科貴がキャストに名を連ねている。

作品情報

『裸の天使 赤い部屋』

2021年4月2日(金)からシネマート新宿で2週間限定レイトショー上映
監督、脚本、編集:窪田将治 原案:江戸川乱歩『畸形の天女』 出演: 木下ほうか 中山来未 柳憂怜 波岡一喜 草野康太 仁科貴 上映時間:71分 配給:キングレコード
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 江戸川乱歩原案、木下ほうか主演映画『裸の天使 赤い部屋』が限定公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて