永原真夏、11か月ぶり新曲“忘れられない日々となって”リリース

永原真夏の新曲“忘れられない日々となって”が2月24日に配信リリースされる。

約11か月ぶりのリリースとなる同曲のテーマは「輪廻転生と小さな恋」。参加アーティストには工藤歩里(Key / SEBASTIAN X)、タイジュ(Ba / 音の旅crew)、オビナタユウサク(Dr / ディープファン君)、高野京介(Gt / SuiseiNoboAz)、高橋健介(Gt / LUCKY TAPES)が名を連ねる。ジャケット写真には、ガラス作家のYURI IWAMOTOが同曲を聴いて作成した心臓モチーフの花瓶がフィーチャーされている。

今回の発表とあわせて新たなアーティスト写真が公開。衣装はan/eddyによるもの。

永原真夏のコメント

こんにちわ!永原真夏です。
ぐしゃぐしゃになっちゃったねえ、いろいろ。
いろいろってなんだ!逃げ腰でありきたりな言葉を使いたくないなあ。そんな気持ちで音楽を作りました。

会いたいな、会いたいね、と言い合う日々が続きます。けれど、会っているけど遠くに感じたり、こんなに触っているのに、生暖かいのに、眼前で微笑む君は誰なのよ。一緒にいて、境界線がなくなっていく、なのに会いたい、触れたい溢れてくるこの気持ちは何なのよ。そんな気持ちで音楽を作りました。

インタネットが普及しても、人ひとりが触れられる世界は小さかったです。その小さな世界で、一日一日、生きたり死んだりして、愚かさも穢れも沢山知ったから、きみは美しくなりたいと星に願う。そんな気持ちで音楽を作りました。

―ひかりおりなす あやまちすらも
忘れられぬ日々となるでしょう―
よしよししてあげたいよ、命のかぎり。
そんな気持ちで音楽を作りました。

リリース情報

永原真夏
『忘れられない日々となって』

2021年2月24日(水)配信リリース
  • HOME
  • Music
  • 永原真夏、11か月ぶり新曲“忘れられない日々となって”リリース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて