最果タヒの書き下ろし作品が阪急電車の駅に期間限定で掲出 巡回展関連企画

最果タヒの書き下ろし作品『阪急電車の詩』『梅田駅の詩』『烏丸駅の詩』『宝塚駅の詩』『三宮駅の詩』が、阪急電車の駅に期間限定で掲出される。

3月5日から大阪・心斎橋PARCOで巡回展『最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。』を開催する最果タヒ。同企画は大阪開催にあわせて実施されるものとなる。

『阪急電車の詩』は本日2月25日から3月17日に西宮北口駅、石橋阪大前駅、淡路駅、宝塚南口駅、本日2月25日から3月3日に夙川駅、六甲駅、池田駅、芦屋川駅、門戸厄神駅、箕面駅、3月4日から3月10日に岡本駅、武庫之荘駅、伊丹駅、関大前駅、御影駅、王子公園駅で掲出。『梅田駅の詩』は3月1日から3月21日に大阪梅田駅、『烏丸駅の詩』は2月25日から3月17日に烏丸駅、『宝塚駅の詩』は3月6日から3月19日に宝塚駅、『三宮駅の詩』は2月26日から3月18日に神戸三宮駅で掲出される。

同展では、大阪会場限定のポストカードセットが登場。会期中に展覧会会場併設ショップで販売される。

イベント情報

『最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。』

2021年3月5日(金)~3月21日(日) 会場:大阪府 心斎橋PARCO 14階 パルコイベントホール 料金:一般800円 ミニ本付チケット1,800円 ※小学生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 最果タヒの書き下ろし作品が阪急電車の駅に期間限定で掲出 巡回展関連企画

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて