『手塚治虫文化賞』マンガ大賞最終候補に『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など9作

『第25回手塚治虫文化賞』マンガ大賞最終候補作品が発表された。

『第25回手塚治虫文化賞』の選考対象は、2020年に刊行・発表された漫画作品。最終選考委員会を経て4月下旬ごろ、朝日新聞紙上と朝日新聞デジタルで結果を発表し、贈呈式は6月3日に朝日新聞東京本社で開催を予定している。

最終候補としてノミネートされたのは、椎名うみ『青野くんに触りたいから死にたい』、山本美希『かしこくて勇気ある子ども』、吾峠呼世晴『鬼滅の刃』、芥見下々『呪術廻戦』、原作・山田鐘人、作画・アベツカサ『葬送のフリーレン』、笹生那実『薔薇はシュラバで生まれる【70年代少女漫画アシスタント奮闘記】』、武田一義、原案協力・平塚柾緒(太平洋戦争研究会)『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』、原作・白井カイウ、作画・出水ぽすか『約束のネバーランド』、山下和美『ランド』の9作品。8人の社外選考委員による投票と、読者、書店員、漫画関係者からの推薦をもとに選ばれた。得票1位は『鬼滅の刃』。

選考委員は秋本治、桜庭一樹、里中満智子、高橋みなみ、中条省平(学習院大学)、トミヤマユキコ(東北芸術工科大学)、南信長、矢部太郎、朝日新聞社の角田克と古知朋子。

『手塚治虫文化賞』では、どの候補作品がマンガ大賞に輝くかを予想する投票を3月31日まで実施中。大賞受賞作に投票した人から抽選で25人に記念品がプレゼントされる。

  • HOME
  • Book
  • 『手塚治虫文化賞』マンガ大賞最終候補に『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など9作

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて