ニュース

『手塚治虫文化賞』マンガ大賞最終候補に『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など9作

『第25回手塚治虫文化賞』マンガ大賞ノミネート9作品
『第25回手塚治虫文化賞』マンガ大賞ノミネート9作品

『第25回手塚治虫文化賞』マンガ大賞最終候補作品が発表された。

『第25回手塚治虫文化賞』の選考対象は、2020年に刊行・発表された漫画作品。最終選考委員会を経て4月下旬ごろ、朝日新聞紙上と朝日新聞デジタルで結果を発表し、贈呈式は6月3日に朝日新聞東京本社で開催を予定している。

最終候補としてノミネートされたのは、椎名うみ『青野くんに触りたいから死にたい』、山本美希『かしこくて勇気ある子ども』、吾峠呼世晴『鬼滅の刃』、芥見下々『呪術廻戦』、原作・山田鐘人、作画・アベツカサ『葬送のフリーレン』、笹生那実『薔薇はシュラバで生まれる【70年代少女漫画アシスタント奮闘記】』、武田一義、原案協力・平塚柾緒(太平洋戦争研究会)『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』、原作・白井カイウ、作画・出水ぽすか『約束のネバーランド』、山下和美『ランド』の9作品。8人の社外選考委員による投票と、読者、書店員、漫画関係者からの推薦をもとに選ばれた。得票1位は『鬼滅の刃』。

選考委員は秋本治、桜庭一樹、里中満智子、高橋みなみ、中条省平(学習院大学)、トミヤマユキコ(東北芸術工科大学)、南信長、矢部太郎、朝日新聞社の角田克と古知朋子。

『手塚治虫文化賞』では、どの候補作品がマンガ大賞に輝くかを予想する投票を3月31日まで実施中。大賞受賞作に投票した人から抽選で25人に記念品がプレゼントされる。

『手塚治虫文化賞』ロゴ
『手塚治虫文化賞』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」