ニュース

北村匠海と齋藤飛鳥がダンス ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇

ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇キービジュアル
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇キービジュアル

ブルボンの新CM「フェットチーネフェス!」篇が3月2日から順次放映。60秒のウェブムービー「フェットチーネフェス!」篇が3月2日から公開される。

発売10周年を迎える「フェットチーネグミ」シリーズ。CMには北村匠海と齋藤飛鳥(乃木坂46)が世界各国のダンサーたちと一緒にダンスを披露する姿が映し出されている。ダンスの振付を手掛けたのは「バブリーダンス」のakaneで、世界各国のダンスをアレンジしている。音楽にも様々な国を感じさせるアレンジが加えられており、ダンサーの衣装はフェットチーネグミのロゴに使用されているカラーだけで制作された。メイキング動画には、北村と齋藤がダンサーと共にダンスを練習する様子などが収められている。

また、オリジナルグッズが当たる「感謝ハズむ!!プレゼントキャンペーン」を実施。対象商品を購入し、専用応募サイトから応募すると抽選で「フェットチーネグミ」をモチーフにした「オリジナル抱き枕」などがプレゼントされる。


北村匠海のコメント

普段ダンスをする機会があまりないので、今回のCMで踊ると聞いたときは少し不安でした(笑)。でも、akaneさんにご指導いただいてダンサーさんと楽しく撮影ができ、完成した映像を見ると感慨深いものがありました。カラフルでポップな世界観で、希望のあるメッセージが伝わるといいなと思っています。フェットチーネグミも10周年ということで、改めて自分の過去も振り返る機会にもなりました。やっぱり美味しいですよね。皆さんもぜひ、フェットチーネグミを食べてみてください!
本日の撮影について
ダンスをやっていたことはあるんですけど、すごく久々に踊ったので、多少恥ずかしさもありながらの撮影ではありました。でも、10周年ということで、10年前は自分も芸能活動を始めていたし、DISH//が始まったのが10年前だったので、あの頃発売されたんだっていう感慨深い気持ちもありながら、関わらせていただけていることにすごく幸せを感じつつ、できないながらに踊らせていただきました。
もし10年前の自分に声をかけるとしたら?
10年前ですよね…DISH//が始まってその前に役者のお仕事もしていたのですが、今思えば、あそこでDISH//の活動をはじめて、暗い性格だった僕が明るいほうに進み出していた時期だったので、未来は楽しいことばっかりだから大丈夫です、って10年前の自分に、すごい悩むし壁もいっぱいあるんですけど、頑張れ!って言いたいです。
10年後の未来の自身について
自分の中では、実はすごく煌びやかな世界にずっと自分がいるイメージがあまりついていないので、好きなことやっていけたらそれで当たり前ですけど、一番幸せなことだし、役者もやりつつ音楽も作りつつ、カレー屋さんとかやれたらいいなと思ったり、古着屋もやりたいし、映画監督もやりたいし…とか、やりたいことはいっぱいあるんで、それが尽きてないといいなって、10年後思います。
最近迷ったことは
迷ってばっかりですけど、迷わないと選ばないし、悩まずまっすぐ進んでいく人はもちろんすごいし、そのエネルギーは僕には持ち合わせていないのですが、悩むし迷うから、2つの選択肢ないしは3つ4つの選択肢が生まれるしっていう自分で選べる時間なんだな、ってすごい迷う時思うんですよね。だから些細なことでなんでも迷うし、道にも迷うし(笑)。なんかそういう毎日ですけど、これといって大きな事件があったわけではないけれど、日々迷って生きているのが、自分かなと思ったりします。

齋藤飛鳥のコメント

乃木坂46に所属しているので、ダンス自体には慣れているのですが、大勢のダンサーさんと踊る機会はなかなかないので、とても新鮮で楽しかったです!たくさんジャンプして、気持ちが明るくなりました。フェットチーネグミは10周年を迎えたと聞きましたが、10年前は私はまだ乃木坂46に入っていなかったんですよね。なんだか不思議な感覚でした。フェットチーネグミは、小腹が空いた時に食べることが多いです。まだ食べたことがないという方も、ぜひ試してみてください!
本日の撮影について
ブルボンさんのCMは何度か出させていただいていて、いつもその時々によって全然雰囲気が違うので、今日はどんな感じかな?と楽しみにしていました。今回は結構ハッピーな感じだし、周りにも沢山ダンサーさんがにぎやかな格好でいてくださったので、すごく楽しく自然に笑顔になれるような撮影でした。
もし10年前の自分に声をかけるとしたら?
12歳、13歳ぐらいはちょうど乃木坂に入った頃だと思います。乃木坂が私の人生の中で一番大きな決断だったので、10年経ってその決断は正しかったというか、フェットチーネグミのキャッチコピーにかけるなら、「ちゃんとハズむほうを選べてたよ!」って声をかけたいですね。
10年後の未来の自身について
個人的には、20代ってまだ自分の中で子どもだと思っていて、30代からようやく大人になるという認識があります。大人になった自分はまだちょっと想像ができないですけど、周りのスタッフさんから「30代は一番楽しいよ!」という声をよく聞くので、とにかく楽しみです。
最近迷ったことは
「ちょっとあの子に声かけようかな」とか、「あの子疲れてそうだからおやつ渡そうかな」とかって思っても、すぐ迷っちゃって止めちゃうので、今日を機に迷ったらちゃんとすぐ声をかけたり、「グミ食べな」って言って渡したりしたいなと思います。

ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
ブルボン新CM「フェットチーネフェス!」篇より
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側