エリック・ロメール監督特集で『六つの教訓話』シリーズ&初期短編を上映

『エリック・ロメール監督特集上映 六つの教訓話 デジタル・リマスター版』が、4月23日から東京・渋谷のBunkamura ル・シネマで開催される。

同イベントでは、今年で生誕101年目を迎えるエリック・ロメールを特集。ロメールが構想10年、製作期間10年をかけて、1962年から1972年の間に発表した連作『六つの教訓話』シリーズから『モンソーのパン屋の女の子』『シュザンヌの生き方』『コレクションする女』『モード家の一夜』『クレールの膝』『愛の昼下がり』の6作品が上映される。2人の女性とそのはざまで運命の愛を求め悶々とする男、というフォーマットのもと、パリの街角や湖畔の避暑地、南仏のリゾートなど、フランスの風景で織りなされる6つの恋物語となる。

さらに、『カイエ・デュ・シネマ』誌に映画批評を寄稿し始めた頃の若きロメールが撮影したジャン=リュック・ゴダールが主演する『紹介、またはシャルロットとステーキ』や、日本初公開となるロメール出演作の『ベレニス』など初期短編を6作品上映。上映スケジュールなどの詳細は後日発表される。

イベント情報

『エリック・ロメール監督特集上映 六つの教訓話 デジタル・リマスター版』

2021年4月23日(金)〜5月20日(木) 会場:東京都 渋谷 Bunkamura ル・シネマ
上映作品: 六つの教訓話 『モンソーのパン屋の女の子』(監督:エリック・ロメール) 『シュザンヌの生き方』(監督:エリック・ロメール) 『コレクションする女』(監督:エリック・ロメール) 『モード家の一夜』(監督:エリック・ロメール) 『クレールの膝』(監督:エリック・ロメール) 『愛の昼下がり』(監督:エリック・ロメール) 短編作品 『紹介、またはシャルロットとステーキ』(監督:エリック・ロメール) 『ベレニス』(監督:エリック・ロメール) 『ヴェロニクと怠慢な生徒』(監督:エリック・ロメール) 『パリのナジャ』(監督:エリック・ロメール) 『ある現代の女子生徒』(監督:エリック・ロメール) 『モンフォーコンの農夫』(監督:エリック・ロメール)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • エリック・ロメール監督特集で『六つの教訓話』シリーズ&初期短編を上映

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて