デイヴィッド・バーン×スパイク・リー『アメリカン・ユートピア』5月公開

スパイク・リー監督の映画『DAVID BYRNE'S AMERICAN UTOPIA』の邦題が『アメリカン・ユートピア』に決定。5月7日から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテ、渋谷のCINE QUINTほか全国で公開される。

同作の原案は、2018年にデイヴィッド・バーン(ex.Talking Heads)が発表したアルバム『American Utopia』。2019年に『American Utopia』をブロードウェイのショーとして再構成した舞台が上演され、映像化の可能性を考えたデイヴィッド・バーンがスパイク・リー監督に声をかけたという。

『アメリカン・ユートピア』は、デイヴィッド・バーンがショーを通じてコミュニケーションの大切さ、選挙の重要性、人種問題といった現代の様々な問題について問いかける姿を映し出したライブ映画。共演者にジャクリーン・アセヴェド、グスタヴォ・ディ・ダルヴァ、ダニエル・フリードマン、クリス・ジャルモ、ティム・ケイパー、テンダイ・クンバ、カール・マンスフィールド、マウロ・レフォスコ、ステファン・サンフアン、アンジー・スワン、ボビー・ウーテン3世が名を連ね、『American Utopia』やTalking Headsの楽曲、ジャネール・モネイの“Hell You Talmbout”など全21曲をパフォーマンスしている。振り付けをアニー・B・パーソンが担当し、撮影監督をエレン・クラスが務めた。字幕監修はピーター・バラカン。

今回の発表とあわせて予告編とポスタービジュアル、場面写真が公開。「ステージ上から――一番大切なもの以外すべてを排除したら? 何が残る?」という言葉から始まる予告編では、バーンら11人のミュージシャンがグレーのスーツと裸足というスタイルでパフォーマンスする姿などが確認できるほか、Talking Headsの“Burning Down the House”“Everybody's Coming To My House”が使用されている。

作品情報

『アメリカン・ユートピア』

2021年5月7日(金)からTOHOシネマズ シャンテ、CINE QUINTほか全国公開
監督:スパイク・リー 出演: デイヴィッド・バーン ジャクリーン・アセヴェド グスタヴォ・ディ・ダルヴァ ダニエル・フリードマン クリス・ジャルモ ティム・ケイパー テンダイ・クンバ カール・マンスフィールド マウロ・レフォスコ ステファン・サンフアン アンジー・スワン ボビー・ウーテン3世 上映時間:107分 配給:パルコ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • デイヴィッド・バーン×スパイク・リー『アメリカン・ユートピア』5月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて