『第93回アカデミー賞』最多ノミネートは『Mank/マンク』の10部門

『第93回アカデミー賞』のノミネート作品が発表された。

最多ノミネートは、デヴィッド・フィンチャー監督、ゲイリー・オールドマン主演の『Mank/マンク』。作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、作曲賞など10部門にノミネートされた。

『Mank/マンク』に続いて、リー・アイザック・チョン監督の『ミナリ』、クロエ・ジャオ監督の『ノマドランド』が作品賞ほか6部門にノミネート。このほか『ファーザー』『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』『プロミシング・ヤング・ウーマン』『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』『シカゴ7裁判』が作品賞にノミネートされた。

長編アニメ部門には日本から『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』『アーヤと魔女』『ルパン三世 THE FIRST』『きみと、波にのれたら』『泣きたい私は猫をかぶる』『音楽』がノミネート候補としてエントリーされていたが、いずれもノミネートされなかった。

授賞式の模様は日本時間4月26日にWOWOWプライム、WOWOWオンデマンドで生中継。案内役のジョン・カビラ、宇垣美里、スペシャルゲストの中島健人(Sexy Zone)、スタジオゲストの行定勲、河北麻友子、リモートゲストの町山智浩が出演する。

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『第93回アカデミー賞』最多ノミネートは『Mank/マンク』の10部門

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて