役所広司、堺雅人、杉咲花ら共演 クラフトボス「宇宙人ジョーンズ」新CM

サントリーコーヒー「クラフトボス」の新テレビCM「宇宙人ジョーンズ・稽古場」篇が本日3月17日にウェブ先行公開。3月23日から全国で順次オンエアされる。

The Doobie Brothers“What a Fool Believes”を使用した同CMは役所広司、堺雅人、杉咲花、トミー・リー・ジョーンズが出演。60秒バージョン、A、B、C、Dの5種類が制作されており、稽古場で行なわれる新作舞台の読み合わせというシチュエーションで、堺と杉咲が「クラフトボス」を飲んで驚きの表情を浮かべる場面、「クラフトボス」の話ばかりが出てくる台本を不審に思った役所が山内ケンジ演じる演出家に不満を漏らす様子や、パッケージに触れて「気持ちいいな、このボコボコ」と口にするシーン、トミー・リー・ジョーンズ扮する宇宙人ジョーンズが木の役で参加する姿などが映し出されている。

稽古場での撮影は4台のカメラを使用し、出演者同士のやり取りを様々なアングル、距離から長回しで収録。役所がジョーンズにアドリブを振る一幕もあったとのこと。

稽古にまつわる思い出深いエピソードについて、堺は「僕は大学の演劇サークルからキャリアを始めていますので、稽古場は懐かしいですね。そこは24時間出入りできたので、夜中まで稽古したりとか、そういう思い出があります」と述懐。役所は「舞台は最近やっていませんが、濃厚接触しながら稽古していた頃が懐かしいです。つくづく、あんな時代が早く帰ってくるといいなと思いますね」、杉咲は「1年ぐらい前に、初めて舞台をやらせていただく予定がありまして。結局こういう時期なので、なくなってしまったのですが、稽古は2ヶ月みっちりやらせていただいて、自分にとってすごく新鮮で刺激的な時間になりました。過ごせて良かったなと本当に思える、宝物のような時間だったと思います」と語っている。





  • HOME
  • Movie,Drama
  • 役所広司、堺雅人、杉咲花ら共演 クラフトボス「宇宙人ジョーンズ」新CM

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて