水原希子×さとうほなみ Netflix映画『彼女』予告、細野晴臣がコメント

廣木隆一監督のNetflix映画『彼女』の予告編とキービジュアルが公開。あわせて細野晴臣のコメントが発表された。

中村珍の漫画『羣青』を原作とする『彼女』は、高校時代から思いを寄せていた篠田七恵のために夫を殺害する永澤レイと、レイに疎ましさと恐ろしさを抱く七恵の逃避行を描いたロードムービー。同性愛者であることを家族に言えず生きづらさを感じているレイ役を水原希子、夫から壮絶なDVを受けている七恵役をさとうほなみが演じる。テーマ曲は細野晴臣が担当。配信日は4月15日に決まった。

予告編では、夫からDVを受ける七恵の姿や、「あんたが死ぬんだったら、旦那が死ぬべきでしょ」というレイのセリフ、血まみれのレイがシャワーを浴びるシーン、YUIの楽曲“CHE.R.RY”を歌いながら車を走らせる七恵とレイの姿、抱き合う七恵とレイの場面などが映し出されている。

細野晴臣は同作のテーマ曲を制作。

細野晴臣のコメント

昨年は地球規模の災厄により、自分の音楽活動も内にこもる日々でした。そんな時に救われたのが映画音楽で、廣木隆一監督から「テーマになるような音楽を1曲」という、とても魅力的なオファーが届きました。その1曲を分解し使う手法もすごい。主演お二人の「女優魂」に圧倒され、音楽を提供したことも忘れて魅入ってしまいました。

作品情報

『彼女』

2021年4月15日(木)からNetflixで配信
監督:廣木隆一 脚本:吉川菜美 原作:中村珍『羣青』(小学館) テーマ曲:細野晴臣 音楽:森山公稀(odol) 出演: 水原希子 さとうほなみ 真木よう子 鈴木杏 田中哲司 南沙良 新納慎也 田中俊介 鳥丸せつこ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 水原希子×さとうほなみ Netflix映画『彼女』予告、細野晴臣がコメント

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて