音楽フェス主催事業者らが「野外ミュージックフェスコンソーシアム」設立

「野外ミュージックフェスコンソーシアム」が本日3月22日に設立された。

「野外ミュージックフェスコンソーシアム」は、「野外音楽フェス」のさらなる発展を通した地方経済への貢献、持続可能なフェス文化形成を目的として立ち上げられたもの。「野外音楽フェス」は日本国内で年間300件近く実施されおり、数万人から数十万人を動員する大型イベントも多く存在し、日本全体での経済波及効果は約3,700億円になるという。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催中止が続出し、文化的にも経済的にも大きな損出を招いた。

同コンソーシアムでは、野外イベントは屋内でのイベントと比較して「密閉」が少なく、感染リスクが低いことに加え、各イベントが連携しルール作りと周知を行なうことで、「安全・安心な野外音楽フェス開催の拡大」を目指す。

発起人は近藤正司(スペースシャワーネットワーク)、若林良三(ウエス)、菅真良(ジー・アイ・ピー)、石飛智紹(スマッシュ)、海津亮(ロッキング・オン・ジャパン)、大野哲義(クリエイティブマンプロダクション)、力竹総明(グリーンズコーポレーション)、一般社団法人CiP協議会。協力に江頭満正(尚美学園大学)、新井田貴則(ティーム)、槇雄説樹(ボードウォーク)、タワーレコードが名を連ねる。

  • HOME
  • Music
  • 音楽フェス主催事業者らが「野外ミュージックフェスコンソーシアム」設立

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて