山田智和監督・脚本のショートフィルム『Somewhere in The Snow』公開

山田智和監督・脚本のオリジナルショートフィルム『Somewhere in The Snow』が公開された。

同作のストーリーは、受験に失敗して浪人することになった18歳の主人公が、ある日東京を飛び出し、猫を14匹飼っているという祖母が暮らす北海道で大自然に触れ、祖母と会話する中で何かを見つけるというもの。山田が監督を務めた米津玄師“Flamingo”のPVや、Nulbarich“VOICE”のPVにダンサーとして出演したアオイヤマダが主人公役、我妻マリが祖母役を演じている。

音楽は小瀬村晶が映像を見て感じたままをピアノで奏でたという。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 山田智和監督・脚本のショートフィルム『Somewhere in The Snow』公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて