ニュース

住野よる×ブルボンのオリジナルオーディオ小説 声優に下野紘、梶裕貴

住野よる『no doubt』キービジュアル
住野よる『no doubt』キービジュアル

ブルボン「濃厚チョコブラウニー」のオーディオ小説『no doubt』が4月5日から配信。ティザーイラストムービーが本日4月2日に到着した。

同作は、住野よるが初めて書き下ろしたオリジナル企業タイアップ小説。「理由のない感情を尊重する」をテーマに、部活やバイトもしていない2人の男子高校生イマイ、イガラシの日常と、自然と寄り添う濃厚チョコブラウニーを描く。イマイ役に下野紘、イガラシ役に梶裕貴がキャスティング。キャラクターデザインをいつかが手掛けた。制作は白組。

住野よるのコメント

初めまして住野よるです。ブルボンのお菓子が子どもの頃から大好きで、「麦本三歩はブルボンが好き」という短編を発表したらCM原作のお仕事をいただけました。やっぱり好きなものを好きだと言い続けることは大切ですね。この企画に関われて心から嬉しいです。今作「no doubt」はbourbonという文字列を見ていたら思いつきました。イマイとイガラシという二人の男子が過ごした何げない時間のお話です。ぜひとも彼らと濃厚チョコブラウニーを味わっていただけたら嬉しいです。

下野紘のコメント

今回、イマイというキャラクターを演じていますが、まさか自分がこんな青春物語をやらせていただくことになるとは思っていなかったですし、監督から、イマイは“THE 今っぽい少年”という説明を受け、齢40を超えたボクとしては少し緊張しました。
基本はイマイくん視点での物語になっています。イガラシとイマイのなんとも言えない絶妙なやり取りがあって、梶くんと一緒にやらせていただいて、その空気感が楽しくてずっとこの空気感を味わっていたいなと思わせてくれるようなそんなお話になっています。濃厚チョコブラウニーがキーワードにもなっていますので、どういう風に登場するのか、表現されているのかぜひ聞いて楽しんでください。よろしくお願いします。

梶裕貴のコメント

僕は以前、住野よる先生の作品を朗読させていただいたことがあるのですが…今回の書下ろし『nodoubt』も本当に素敵な物語でした。思春期ならではの不安定な心情となんとも言えない空気感が、イマイとイガラシという男子二人を通して、絶妙に表現されていたように感じます。一人で台本を読んだ時から心震えていたので…収録ではどうなるのか、自分自身とても楽しみにしていました。下野さんとの二人芝居、長年の付き合いだからこその空気感が作品にもあらわれていると思います。「濃厚チョコブラウニー」の美味しさを、青春エピソードを通して存分に楽しんでいただけるはず。ぜひ「濃厚チョコブラウニー」をかじりながらお聴きください。よろしくお願いします!

いつかのコメント

ブルボンさんのお菓子は母も祖母も大好きで子どもの頃から私もよく食べさせて貰っていたので、お仕事の機会をいただけてとても嬉しいです。
また、住野さんとは『か「」く「」し「」ご「」と「』以来のお仕事でしたので、すごく楽しみにしておりました。住野さんのお話の中の登場人物は本当に何処かで実在していて、生きている様に感じます。そんな雰囲気が出る様、キャラクターデザインを考えました。
キャラクターのカラーも、濃厚チョコブラウニーのパッケージをイメージしているので、ぜひ食べながら見比べてみてください!

住野よる『no doubt』
住野よる『no doubt』
住野よる『no doubt』
住野よる『no doubt』
住野よる『no doubt』
住野よる『no doubt』
住野よる『no doubt』
住野よる『no doubt』
住野よる『no doubt』メイキング
住野よる『no doubt』メイキング
住野よる『no doubt』メイキング
住野よる『no doubt』メイキング
住野よる『no doubt』メイキング
住野よる『no doubt』メイキング
住野よる『no doubt』メイキング
住野よる『no doubt』メイキング
住野よる『no doubt』メイキング
住野よる『no doubt』メイキング
画像を拡大する(12枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで