ニュース

れいちも、曽我部恵一プロデュース“愛の武器よ!”でデビュー

れいちも『愛の武器よ!』ジャケット
れいちも『愛の武器よ!』ジャケット

れいちものデビュー曲“愛の武器よ!”が本日4月15日にLINE MUSICで先行配信スタートした。

昨年行なわれた『オンラインやついフェス!2020』公式キャンペーンガールオーディションでグランプリに輝いたれいちも。『YATSUI FESTIVAL! 2021』に出演することも発表された。

曽我部恵一(サニーデイ・サービス)プロデュースによる“愛の武器よ!”は、曽我部が作詞・作曲を担当したほか、コーラスにも参加。編曲は吉田哲人が手掛けた。ジャケットはよしもとよしともの描き下ろし。リリックビデオも公開された。

れいちものコメント

実は!!ここだけの話!!日々の!!生活に!!刺激が!!欲しくて!!
オーディションを受けることにした、れいちも少女が、何者かにこのオーディションは受けるべきです!!ビビッビッ!!っとなったオーディションがこのやついフェスさんでした!!!!
グランプリをとったときはほんとに嬉しくて頭が真っ白になりました。
(ちなみに真っ白といえばバニラアイスが好きです)
そしてグランプリの副賞として歌をリリースできる権利をいただき、レコーディングをしました。
最初、レコーディングは緊張でガチガチ気味でしたが場の雰囲気が柔らかく精一杯歌うことが出来ました。
ぜひ皆さんに、れいちもの集大成を聞いて欲しいです!!!!
れいちもは、このような機会を与えてくださった世界の皆様に感謝しています!!!!
最高の経験が出来ました!今度はれいちもが歌を届けて、世界中のみんなに幸せを遠投する番!!!!

やついいちろうのコメント

こんなに一生懸命な声って赤ちゃんくらいしか出せないんじゃないかな。中々聴けないでしょ。フレッシュな声。
曽我部さんのメロディーと詩の世界が今の時代の女の子像を描いています。
やついフェスキャンペーンガールのれいちもをよろしくお願いします!

曽我部恵一のコメント

2020年代は女性上位時代。そんな季節をポップに響かせる曲を書きました。
れいちもが、それをさらにパワーアップさせてくれました。
ぼくもつられてコーラスを入れてしまった次第です。
ぜひ聴いて感じてください!

吉田哲人のコメント

「大人の遊びで!楽しくやりましょう!」
10分ばかりのネット会議で曽我部さんから提示されたアレンジの方向性がこれだ。

『大人の遊び…か…』
DEMOのアレンジは8beatを刻むドラムとアコギのストローク。
そこに曽我部さんの歌がのる、曲の良さが際立つシンプルなものだった。

『さて、どうしたものか…』
最初に考えたのは僕の普段通りに曽我部さん曲をアイドル楽曲にしてしまおう、というもの。
ただこれは、曽我部さん作曲のアイドル楽曲というだけで大人の遊びはそこに無い。
却下。

暫くDEMOを繰り返し聴き歌詞をおっていると、『これは女の子が立ち上がる曲だな…立ち上がる…Stand!』
Sly & The Family Stoneが降りてきて、そのピースをきっかけに連想ゲームが頭の中を駆け巡り、最終的にはBrian WilsonやPhil Spectorもブッ込むアレンジとなった。
パズルの完成。これぞ大人の遊び、である。

れいちもちゃんの歌はそんな大人の遊びを物ともせず、『若いってすばらしい…』
そう思わせてくれる、色んな可能性を秘めた素敵な歌で楽しいレコーディングでした。

「大人の遊びで!楽しくやりましょう!」
皆さんにも伝われば幸いです。

よしもとよしとものコメント

女の子の横顔描いてほしいなぁという曽我部さんのリクエストがまずあって、しかしどんな横顔なんだ、ざっくりしてんなぁと思いつつ、そのぶんあれこれと想像を巡らせることができました。
なので絵に関しても説明はしませんが、楽曲に合った良い感じに描けたなと気に入っています。

れいちも
れいちも
曽我部恵一、れいちも、やついいちろう、吉田哲人
曽我部恵一、れいちも、やついいちろう、吉田哲人
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性