殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

映画『キャラクター』の劇中シーン画像が公開された。

『20世紀少年』『MASTERキートン』をはじめ、浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志が10年の歳月をかけて構想してきた『キャラクター』は、「もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら?しかも、その顔を“キャラクター”化して漫画を描いて売れてしまったとしたら??」というアイデアを基軸に、登場人物たちが交錯する物語を描いたダークエンターテインメント。スケッチに向かった先で一家殺人現場に遭遇し、犯人を目撃してしまう漫画家・山城圭吾役を菅田将暉、山城の運命を狂わせる殺人鬼・両角役をFukase(SEKAI NO OWARI)が演じる。公開は6月11日。

劇中シーン画像には、両角が自室で漫画雑誌を手に取る姿が写し出されている。スマイルマークが描かれた壁面はFukaseが自ら手掛けた油絵で、元々制作される予定はなかったが、永井聡監督がFukaseが役作りの一環で描いた油絵を気に入り、劇中で使用することを提案。2メートル四方で描き直してほしいという依頼にFukaseは「でかすぎだろ」と思わず突っ込んだとのこと。

また永井監督は、Fukaseが絵を描くときに着ている絵の具まみれのジャージからインスピレーションを受けて、ほぼそのまま劇中衣装のイメージに採用。両角が「絵を描く」という設定もここから加わったという。

Fukase(SEKAI NO OWARI)のコメント

僕は油絵を素手で描きます。そして、絵を描くときには「お気に入りの服」を着ると決めていて、最後にはその服ごと作品にしようと思うぐらいに着倒しています。描いている時は集中力を切らさないよう、着ている服で手を拭くのでどんどん絵の具が服についていく......そんなジャージを見た監督が「これ、いいね」と言ってくださって、劇中でもその服をイメージした衣装を着ることになりました。
殺人鬼の衝動を理解するために描いた小さな絵が始まりです。その絵を監督に見せたところ、「映画で使おう」と提案されて、喜んでいたら「2メートル×2メートルで描き直して」と言われ......それは、でかすぎだろって思いました(笑)。両角というキャラクターになって描いたので、理屈があるわけでもなく、降りてきたという感覚です。描くならこれだ!と決まっていて、迷わず色を重ねていきました。両角が持っている凶悪さ、気持ち悪さ、不気味さと、そして少しだけある人懐っこい雰囲気が表現できたと感じています。

作品情報

『キャラクター』

2021年6月11日(金)から公開
監督:永井聡 原案・脚本:長崎尚志 出演: 菅田将暉 Fukase(SEKAI NO OWARI) 高畑充希 中村獅童 小栗旬 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて