中村壱太郎×久保史緒里 舞台『夜は短し歩けよ乙女』メインビジュアル到着

上田誠(ヨーロッパ企画)脚本、演出の舞台『夜は短し歩けよ乙女』のメインビジュアルが到着した。

6月6日から東京・初台の新国立劇場、6月26日から大阪・COOL JAPAN PARK OSAKAで上演される同作は、累計発行部数160万部を記録した森見登美彦の小説『夜は短し歩けよ乙女』をもとにした作品。京都を舞台に、後輩である「黒髪の乙女」に想いを寄せる「先輩」が、彼女の目に留まろうと日々奮闘しながら様々な騒動に巻き込まれる姿を描く。昨年に森見登美彦が自身の小説『四畳半神話大系』と、劇団ヨーロッパの舞台『サマータイムマシン・ブルース』のコラボレーション作品『四畳半タイムマシンブルース』を刊行したことに対してのアンサーとなるとのこと。後輩との距離を一向に進展させられない「先輩」役に中村壱太郎、「黒髪の乙女」役に久保史緒里(乃木坂46)がキャスティング。

今回の発表とあわせて共演者たちの配役も公開。「超お金持ち」の謎の老人・李白役を竹中直人、宴会に紛れてタダ酒を飲む歯科衛生士・羽貫役を鈴木砂羽、願いごとが叶うまでパンツを穿き替えないと誓った大学生「パンツ総番長」役を玉置玲央、女装が趣味の「学園祭事務局長」役を白石隼也、「高坂」役を尾上寛之が演じる。

加えて、樋口役に石田剛太、東堂役に土佐和成、千歳屋主人役に酒井善史、内田医師役に角田貴志、学園祭MC役に池浦さだ夢、司書役に金丸慎太郎、奈緒子役に日下七海、赤川役に納谷真大、紀子役に藤松祥子、京福電鉄研究会学生役に中村光、蛾眉書房主人役に山口森広、乙女の姉役に町田マリーがキャスティング。オフィシャルサイトではそれぞれの扮装ビジュアルが順次公開される。

チケットのオフィシャル抽選先行予約は4月27日まで受付中。一般販売は5月9日10:00からスタートする。

イベント情報

『夜は短し歩けよ乙女』

脚本・演出:上田誠(ヨーロッパ企画) 原作:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫) 音楽:伊藤忠之 振付:EBATO 出演: 中村壱太郎 久保史緒里(乃木坂46) 玉置玲央 白石隼也 藤谷理子 早織 石田剛太 酒井善史 角田貴志 土佐和成 池浦さだ夢 金丸慎太郎 日下七海 納谷真大 鈴木砂羽 尾上寛之 藤松祥子 中村光 山口森広 町田マリー 竹中直人 東京公演 2021年6月6日(日)~6月22日(火)全19公演 会場:東京都 初台 新国立劇場 中劇場 大阪公演 2021年6月26日(土)~6月27日(日)全4公演 会場:大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール 料金:各公演 一般9,800円 学生チケット3,800円
  • HOME
  • Stage
  • 中村壱太郎×久保史緒里 舞台『夜は短し歩けよ乙女』メインビジュアル到着

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて