冨田ラボ、9人のシンガーが集結した“MAP for LOVE”リリックビデオ公開

冨田ラボの新曲“MAP for LOVE”が本日4月21日に配信リリース。リリックビデオが公開された。

冨田恵一のセルフプロジェクトでもある冨田ラボ。同曲はプロデュース、作曲、編曲を冨田恵一、作詞を角田隆太(モノンクル)、ラップパートをRyohu(KANDYTOWN)が手掛け、坂本真綾、長岡亮介(ペトロールズ)、長塚健斗(WONK)、Naz、bird、藤原さくら、堀込泰行、吉田沙良(モノンクル)、Ryohuがボーカルで参加した。マスタリングは内田孝弘(FLAIR)、アートワークはTymen Visserが担当。リリックビデオのディレクションを國枝真太朗が務めた。

また、冨田ラボと藤田琢己がナビゲーターを担当する『J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL TOKYO M.A.P.S SPIN-OFF ~TOMITA LAB EDITION~』が4月29日にJ-WAVEで約9時間にわたってオンエア。冨田ラボのプロデュース作品をはじめ、自身がおすすめする楽曲や関わったアーティストの楽曲、注目している楽曲などを紹介するほか、昨年の『TOKYO M.A.P.S』に出演予定だったeill、bird、藤原さくら、堀込泰行、モノンクルのスタジオライブをオンエアする。加えて、kojikoji、坂本真綾、長岡亮介、長塚健斗、Naz、BASI、Ryohuらもゲスト出演。数日で完成させたという“MAP for LOVE”の制作秘話に迫る。レポーターは小林麗菜。

リリース情報

冨田ラボ
『MAP for LOVE』

2021年4月21日(水)配信リリース
番組情報

『J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL TOKYO M.A.P.S SPIN-OFF 〜TOMITA LAB EDITION〜』

2021年4月29日(木・祝)9:00~17:55にJ-WAVEでオンエア ナビゲーター:冨田ラボ、藤田琢己 レポーター:小林麗菜
  • HOME
  • Music
  • 冨田ラボ、9人のシンガーが集結した“MAP for LOVE”リリックビデオ公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて