浜辺美波が主演、TikTok×東宝の映画祭グランプリ受賞者の新作映画

『TikTok TOHO Film Festival 2021』グランプリ受賞者の新作映画に浜辺美波が出演することが発表された。

4月12日から開催中の同イベントは、TikTokと東宝が新たなクリエーターを発掘し、映像、映画を共創することで映画業界を盛り上げることを目的とした新しい映画祭。アンバサダーに北村匠海、審査員に三池崇史、山田智和、しんのすけが起用されている。「cinnamons×evening cinema『summertime』× うさぎゅーん!」プロジェクトによるインスパイアムービーも公開中。

応募資格は13歳以上で、TikTokアカウントを登録していることと、授賞式および新作映像の制作に参加できること。15秒以上、10分以内の作品をハッシュタグ「#TT映画祭2021」を付けてTikTokに投稿すると応募完了となる。締切は5月31日。「#TT映画祭2021」で投稿された動画の視聴回数は4月12日の開始時から約2週間で3200万回を記録している。

審査員により決定するグランプリ受賞者には東宝プロデュースによる新作映画の制作権に加えて、450万円相当の新作映像制作サポートと賞金30万円、投稿の再生数といいね数などを加味して評価される観客賞には賞金20万円が贈呈される。ファイナリスト10人には「Adobe Creative Cloud」コンプリートプラン(12か月版)無料利用の提供、参加者全員には「Adobe Premiere Pro」の編集ワークショップの実施、「Adobe Stock」無料素材の提供がラインナップしている。

授賞式は6月下旬から7月中旬に都内で実施予定。TikTok LIVEでの生配信も行なわれる。

浜辺美波のコメント

今回「TikTok TOHO Film Festival 2021」にて、グランプリを受賞された方が新たに制作される映画に主演させて頂くことになりました浜辺美波です。
受賞された方との本編撮影では、TikTokという媒体での短編映画ということで、縦型のスマホの中で描かれる銀幕で沢山の方を惹き付ける作品作りに精一杯お力添え出来たらなと思っております。この新しい形での映画クリエイターさんの発掘企画、そしてどのような素敵な作品と出会うことができるのかとても楽しみにしています。
沢山の投稿、お待ちしております。

山田智和のコメント

映像の可能性、映画というものについて、真剣に考えたいと思っています。
そんな時にTikTokさんと東宝さんからお声がけ頂き、是非にこの企画に参加したいと思いました。
新しい映画のヒントを皆さんと一緒に楽しみながら探せられればと思います。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 浜辺美波が主演、TikTok×東宝の映画祭グランプリ受賞者の新作映画

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて