サイバーロマンティック文芸誌『new-mondo』第2号 特集は「カリスマ不在」

文芸誌『new-mondo 第二号(2021年春号)』が刊行された。

昨年末に創刊したサイバーロマンティック文芸誌『new-mondo』には、短編、エッセイ、写真、ビジュアル、インタビュー、散文、イラストレーション、フィクション、ノンフィクション、連載などを掲載。

同号の特集は「カリスマ不在」。執筆陣には、カワグチジン、川畑健、黒柳勝喜、下津光史(踊ってばかりの国)、杉作J太郎、武邑光裕、トモ・コスガ、根本尚美、藤井光が名を連ねるほか、朝井リョウ、中橋健一、森陽里へのインタビューが掲載される。

アートディレクションは村田錬(BROWN:DESIGN)、表紙は佐野凛由輔、ロゴ、イラストは花井祐介、写真は山本正大が担当。

書籍情報

『new-mondo 第二号(2021年春号)』

2021年3月30日(火)発売 価格:2,000円(税抜)
  • HOME
  • Book
  • サイバーロマンティック文芸誌『new-mondo』第2号 特集は「カリスマ不在」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて