『ファンタスティック・プラネット』×サン・ラー主演SF映画の「宇宙宣伝」

映画『ファンタスティック・プラネット』と『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』の「宇宙宣伝」が展開される。

ルネ・ラルー監督の映画『ファンタスティック・プラネット』は、『第26回カンヌ国際映画祭』でアニメーション作品として史上初の審査員特別賞に輝いたSF作品。地球ではない惑星を舞台に、青い肌と赤い目を持つ巨人ドラーグ族と、ドラーグ族に虐げられる人類オム族の闘いを描く。

サン・ラーが脚本、音楽、主演を務めたSF映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』のあらすじは、1969年頃に地球から姿を消していた大宇宙議会・銀河間領域の大使サン・ラーは、音楽を燃料に大宇宙を航行する中、地球と異なる理想の惑星を発見し、ジャズのソウルパワーによる同位体瞬間移動で米国にいる黒人たちの移送計画を立てるが、その技術を盗もうとアメリカ航空宇宙局の魔の手が迫るというもの。

「宇宙宣伝」は両作が5月28日から東京・渋谷HUMAXシネマで上映されることを受けて実施。「宇宙告知」として両作のビジュアルを配置した画像を制作し、先着来場者特典の「宇宙ポスター」を用意するほか、渋谷HUMAXシネマのロビーに土星人サン・ラーのスタンディーを設置する。「宇宙物販」には『ファンタスティック・プラネット』の「惑星イガムから届いたポストカードセット」「ティバの“目玉”ドリンク」や、『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』の「コスモTシャツ」「宇宙雇用機関トレーナー」などがラインナップ。


作品情報

『ファンタスティック・プラネット』

2021年5月28日(金)から渋谷HUMAXシネマほか全国で順次公開
監督:ルネ・ラルー 脚本:ルネ・ラルー、ローラン・トポール 原作:ステファン・ウル『Oms en Série』 音楽:アラン・ゴラゲール 上映時間:72分 配給:ザジフィルムズ
作品情報

『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』

2021年3月5日(金)からアップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテほかで順次公開
監督:ジョン・コニー 脚本:ジョシュア・スミス、サン・ラー 音楽:サン・ラー 出演: サン・ラー レイ・ジョンソン クリストファー・ブルックス バーバラ・デロニー エリカ・レダー ジョン・ベイリー クラレンス・ブ リュワー 上映時間:81分 配給:ビーズインターナショナル
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ファンタスティック・プラネット』×サン・ラー主演SF映画の「宇宙宣伝」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて