滞空時間の新アルバム『Majo』リリース 帯文はマヒトゥ・ザ・ピーポー

滞空時間のニューアルバム『Majo』が6月21日にリリースされる。

「架空の島の民謡」をコンセプトに活動する滞空時間は、影絵師、音楽家の川村亘平斎による音楽ユニット。2009年にスタートし、2012年にインドネシア、マレーシアツアーを行なった。2015年に漫画『宇宙兄弟』のコラボレーションPVに楽曲提供。これまでに、小山田圭吾、木津茂理、細野晴臣らと共演している。

「ディスクUNIONで知らない国のコンピレーションアルバムをジャケ買いしたら大当たりだった」がコンセプトの同作には、タイトル曲や“カベノムコウニオニガイテ(feat.OORUTAICHI)など全12曲を収録。濱元智行(Gmln,Per)、GO ARAI(Vln)、さとうじゅんこ(Vo)、AYA(Ba)、トンチ(Stlpn)、鈴木雄大(Tp)、あだち麗三郎(Sax,Per)が参加している。レコーディングと写真をIchimura Hayato、マスタリングをTanaka Mitsukazu、ミックスとデザインを川村亘平斎が担当。

帯にはマヒトゥ・ザ・ピーポーの「旅の意味がかわった一昨日、パスポートはフロントに預けた。一人の部屋、目を閉じ、荷物を持たぬ自由な手で翼を真似た時、そこからはじまる滞空時間にあの日吹くはずだった風を見つけた。」という文章が添えられている。

ライブ会場とmicroActionのオンラインストアで購入すると特典が付属。

作品情報

滞空時間
『Majo』(CD)

2021年6月21日(月)発売 価格:3,300円(税込) MACD-19
1. Kelimutu 2. Apa Uleh Uleh 3. Umitoyoru(traditional ver) 4. Mindd 5. Basweh 6. Majo 7. Walak elele 3 8. あべこべの花 9. Irienite 10. カベノムコウニオニガイテ(feat.OORUTAICHI) 11. Sihir 12. Majo(inst ver)
  • HOME
  • Music
  • 滞空時間の新アルバム『Majo』リリース 帯文はマヒトゥ・ザ・ピーポー

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて