スタジオジブリの3DCG長編アニメ『劇場版 アーヤと魔女』新公開日が決定

スタジオジブリの映画『劇場版 アーヤと魔女』の新たな公開日が8月27日に決定した。

宮崎駿が企画を手掛け、宮崎吾朗が監督を務めた同作は、スタジオジブリ初のフル3DCG長編アニメーション。魔法を教えてもらうことを条件に魔女ベラ・ヤーガの助手として働き始めた少女アーヤが、生まれてはじめて自分の思い通りにならないことを悟り、使い魔の黒猫トーマスの力を借りて反撃する姿を描く。自分が魔女の娘とは知らずに育ったアーヤ役に平澤宏々路、アーヤを引き取るベラ・ヤーガ役に寺島しのぶ、ベラ・ヤーガと共に暮らすマンドレーク役に豊川悦司、魔法の秘密を知るトーマス役に濱田岳がキャスティング。

日本では当初4月29日から公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていた。

東京・三鷹の森ジブリ美術館では『アーヤと魔女』展を開催中。宮崎吾朗監督自身が企画、監修を務めた3DCGアニメーション制作のあらまし、キャラクター作りに影響を与えたストップモーションアニメーション作品『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の人形を紹介しているほか、アーヤの表情を作る体験ができるコーナーが展開されている。

作品情報

『劇場版 アーヤと魔女』

2021年8月27日(金)から全国公開
監督:宮崎吾朗 原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(徳間書店) 主題歌:シェリナ・ムナフ 音楽:武部聡志 声の出演: 寺島しのぶ 豊川悦司 濱田岳 平澤宏々路 シェリナ・ムナフ 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • スタジオジブリの3DCG長編アニメ『劇場版 アーヤと魔女』新公開日が決定

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて