ニュース

あっこゴリラがラップ 神戸女子大学の新テレビCM「神女の信条」篇OA

神戸女子大学の新テレビCM「神女の信条」篇より
神戸女子大学の新テレビCM「神女の信条」篇より

あっこゴリラが歌唱を担当した神戸女子大学の新テレビCM「神女の信条」篇が6月19日からオンエアされる。

同CMではオリジナル楽曲を制作。ラップパートにはCMのキーメッセージである「Power to the Girls」にふさわしいとして、あっこゴリラが起用された。楽曲には神戸女子大学が掲げる想いが込められているとのこと。CMには神戸女子大学の学生が出演し、合唱パートも神戸女子大の学生が担当している。

あっこゴリラのコメント

CMのオファーを受けた感想
大学生くらいの歳の子とも関わることが多くて、特に、若くて女子っていうだけで生きるのってすごく大変なので、そこは応援したいなという気持ちがすごくあります。他人事じゃないなって感じで。自分が十年前に悩んでいたことと同じ悩みを持っている子もいて。昔の自分みたいに、悩みまくってる女子たちが生きやすい土壌をつくっていくことは、自分の活動のテーマのひとつなので、今回のオフォーは自分にはぴったりで嬉しいなと感じました。
女性をとりまく環境について
理念ばかり先行して、中身がおいてけぼりになってるなっていうのが、正直な感覚ですね。やんなきゃいけないこといっぱいあるなと思います(笑)。今回のCMで言ってるみたいに、社会で生きる武器を得るために資格を取るっていうことも、ひとつの手段としてはあると思うんですけど、「女の子は資格がないと」っていう社会構造がそもそも問題だなと。そこを変えていくためにやれることをやったり。自分なりに思うことはどんどん発信していきたいです。
もし大学生だったら
もがいたり迷ったり、答えが欲しくて本をめっちゃ読んだり文化を吸収したり、人生実験しまくると思いますね。
視野が狭いと一度の失敗で落ち込むけれど、意外と失敗って失敗じゃなくて、自分の物差しづくりのための資料集めだと思うんです。だから、経験がないものに対して恐れずにいろいろチャレンジしまくりたいです。私自身の大学時代は、迷ってるし、自信ないし、何でも試しまくっては失敗して、自己嫌悪、その繰り返しでめちゃめちゃ不安だったんですけど、今振り返ったら、あの日々のおかげで“とりあえずやってみる”という勇気のハードルが下がったし、自分の可能性を狭めない癖がついて、ここでこうしてお話してる今があると思うので、ぜんぜん暴れまくってよかったなと思いますね。その調子で!って感じ。
また、大学時代の自分にとって「こういう大人いて欲しかった」、というのがあって、それを今自分がやっている感覚があって。例えば、この言葉だったら当時の自分に絶対届かなったなみたいな。「がんばれ!」は届かなかったな、と思ったら「余裕」にしようとか。当時の自分が聞いてくれそうな言葉を意識していますね。
これから大学進学を目指す女性へのメッセージ
たとえいまの進路に自信がなくても、結果間違いだったとしても、ぜんぜん問題じゃないから伸び伸びとやりなって言いたい。親からの目線とか、他人の目線のプレッシャーは感じなくていいかなと。
自分で選んだのであれば、自分の感覚を養うアクションには変わりないから突っ走れって感じです!ファイト!

神戸女子大学の新テレビCM「神女の信条」篇より
神戸女子大学の新テレビCM「神女の信条」篇より
あっこゴリラ
あっこゴリラ
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察