SWALLOWの新曲“青く短い春”が『ゴッドタン』7月エンディングテーマに

SWALLOWの楽曲“青く短い春”がテレビ東京系『ゴッドタン』の7月エンディングテーマに起用されることがわかった。

5月に配信リリースされた同曲のモチーフは、フランソワーズ・サガンの小説『悲しみよ こんにちは』。一夜にして富と名声を手に入れたサガンの栄光と転落の人生を音の世界で表現しているとのこと。作詞、作曲、アートワークを工藤帆乃佳(Gt,Vo)が担当。ジャケットにはサガンを想起させる「少女」が描かれている。

同曲は7月3日深夜放送分からオンエア。

作品情報

SWALLOW
『青く短い春』

2021年5月30日(日)LINE MUSICで配信リリース
  • HOME
  • Music
  • SWALLOWの新曲“青く短い春”が『ゴッドタン』7月エンディングテーマに

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて