冴えない高校生が辛口音楽ライターに 映画『ビルド・ア・ガール』10月公開

映画『ビルド・ア・ガール』が10月22日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開される。

作家、コラムニストのキャトリン・モランの半自伝的小説をもとにした同作の舞台は、UKロックシーンに旋風が巻き起こった1990年代前半のイギリス。学校では冴えない子扱いだが、想像力と文才に長けた16歳の高校生ジョアンナが、大手音楽情報誌『D&ME』編集部のアドバイスにより嫌われ者の辛口批評家「ドリー・ワイルド」に変身して人気を得るも、徐々に自分の心を見失っていく姿を描く。原題は『How To Build A Girl』。

単身音楽業界に乗り込み、奮闘するジョアンナ役に『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』『レディ・バード』のビーニー・フェルドスタイン、ジョアンナが初めて恋するロックスターのジョン・カイト役に『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズのアルフィー・アレン、彼女の人生を動かす重要な役にエマ・トンプソンがキャスティング。監督をコーキー・ギェドロイツが務め、脚本を原作者のキャトリン・モランが手掛けた。

今回の発表とあわせてポスタービジュアルが公開。「ドリー・ワイルド」に変身したジョアンナやジョン・カイトの姿が写し出されているほか、「わたしはわたし。がむしゃらに輝け!」というコピーが添えられている。

作品情報

『ビルド・ア・ガール』

2021年10月22日(金)から新宿武蔵野館ほか全国で公開
監督:コーキー・ギェドロイツ 脚本:キャトリン・モラン 原作:キャトリン・モラン『How to Build a Girl』 出演: ビーニー・フェルドスタイン パディ・コンシダイン サラ・ソルマーニ アルフィー・アレン フランク・ディレイン クリス・オダウド エマ・トンプソン 上映時間:105分 配給:ポニーキャニオン、フラッグ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 冴えない高校生が辛口音楽ライターに 映画『ビルド・ア・ガール』10月公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて