Phewの新アルバム『ニュー・ディケイド』が10月に世界リリース PV公開

Phewのニューアルバム『ニュー・ディケイド』が10月22日に世界リリース。先行シングル曲“Into The Stream”のPVが公開された。

1979年にパンクバンド「アーント・サリー」のボーカリストとしてデビューしたPhew。バンド解散後の1980年からソロ活動を開始し、これまでに坂本龍一やコニー・プランク、山本精一、アナ・ダ・シルヴァ(THE RAINCOATS)ら国内外のアーティストとコラボレーションしている。

約30年ぶりにMuteからリリースされる同作には、山本精一と長嶌寛幸が参加。日本盤CDには、20分以上におよぶドローン作品“In The Waiting Room”がボーナストラックとして収録される。

かつては希望やダイナミズムを意味する言葉だった「ニュー・ディケイド」というタイトルに関してPhewは、「30年前には、“ニュー”という言葉は、進歩や物事がよくなることの同義語でした」「今はもう、そんな事は信じていません」「80年代、そして90年代までは、物事が過去から現在、未来へという流れで進行していましたが、特に21世紀が始まって以来、その流れが変わってしまったと感じます。個人的には、現在から連なる未来というものが、見えなくなってしまいました」と述べている。

“Into The Stream”のPVの監督は青木理紗が務めた。

リリース情報

Phew

『ニュー・ディケイド』日本盤(CD) 2021年10月22日(金)発売 価格:2,400円(税抜) TRCP-294
1. Snow and Pollen 2. Days Nights 3. Into the Stream 4. Feedback Tuning 5. Flashforward 6. Doing Nothing 7. In The Waiting Room (bonus track)
  • HOME
  • Music
  • Phewの新アルバム『ニュー・ディケイド』が10月に世界リリース PV公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて