ニュース

ペルーに出会う『ペルー映画祭』11月開催 様々なジャンルの10作超を上映

上映イベント『ペルー映画祭』が11月下旬に東京・新宿のK's cinemaで開催される。

7月28日に独立200周年を迎えるペルーの映画を紹介してきたブエナワイカによる同イベントでは、ドキュメンタリー、フィクションなど様々なジャンルやテーマの作品を10本以上上映。

上映作品には、首都リマに生きる老バーテンダー、路上パフォーマンスで日銭を稼ぐ若者や子供たちを捉えた『忘却』、アイデンティティーとしてのペルー音楽を守り続ける人々のドキュメンタリー『わたしはここにいる』、標高4700メートルの高地からふもとの村に移住した家族の1年半を記録した『スーパ・ライメ』、20世紀末のペルーの武力紛争の痕跡に直面する人々に寄り添う『残されたぬくもり』、ペルーの異なる地域に住む3人の女性の物語『くもり空の下で』、ペルー代表の36年ぶりとなるワールドカップ出場から見えるペルー社会とペルー史を映し出す『ペルーの叫び~36年ぶりW杯出場の表と裏~』などがラインナップしている。

MOTION GALLERYでは8月4日まで同イベントの開催経費を募るクラウドファンディングプロジェクトを実施中。目標金額は220万円で、リターンとして映画祭オリジナルステッカーやペルー雑貨、バーチャルペルー旅行などが用意されている。

長沢義文(ブエナワイカ代表)のコメント

開催にあたり
今では世界中の映画が当たり前のように見られるようになり、ラテンアメリカ映画も身近になってきた。では、ラテンアメリカの中のペルーに注目するとどうだろうか。日本人が一度は行きたい世界遺産“マチュピチュ”や美食として評価が高まる“ペルー料理”と耳にはするが、映画はまだまだ未知である。
2021年はペルーが独立してから200周年にあたる。この節目の年に、たくさんの映画にふれ、まだ見ぬペルー映画に出会い、ペルーを体感していただきたく映画祭を企画しました。
私は、2015年より、ペルー映画の上映会を開き、ペルー映画を紹介する活動を行ってきました。映画を紹介したいという目的もありましたが、上映会をすることで、ペルーの魅力、映画の魅力が何倍にもなり新たな繋がりが生まれることを信じて活動を続けてきました。
コロナ禍で容易に海外へ行くこともできない時代。映画をとおして、体験できることは多いのではないか。この映画祭がペルーをより深く知る機会になることを期待している。

『ペルー映画祭』ティザーポスタービジュアル
『ペルー映画祭』ティザーポスタービジュアル
『わたしはここにいる』
『わたしはここにいる』
『残されたぬくもり』
『残されたぬくもり』
『くもり空の下で』
『くもり空の下で』
『ペルーの叫び~36年ぶりW杯出場の表と裏~』
『ペルーの叫び~36年ぶりW杯出場の表と裏~』
画像を拡大する(5枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」