清水邦夫作、関美能留演出による三条会公演『楽屋』が8月に無料上演

三条会の舞台『楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~』が8月8日に千葉・千葉市生涯学習センターで上演される。

千葉市で初めて行なわれる芸術祭『千の葉の芸術祭』の関連イベントとなる同公演では、故・清水邦夫の戯曲を関美能留(三条会)が演出。出演者に大倉マヤ、大谷ひかる、立崎真紀子、伊藤紫央里が名を連ねる。

入場無料。定員100人となり、8月2日まで千葉市のフォームから申し込みを受け付けている。定員に達し次第受付終了。

1972年埼玉生まれの関美能留は、千葉大学在学中に演劇活動を開始し、1997年に三条会を結成。演出作に三条会として武田泰淳『ひかりごけ』、三島由紀夫『近代能楽集』、エウリピデス『メディア』、寺山修司『レミング』、唐十郎『秘密の花園』、前田司郎『いやむしろわすれて草』、シェイクスピア『ロミオとジュリエット』『真夏の夜の夢』『冬物語』、曲亭馬琴『八犬伝』、平田オリザ『S高原から』、プルースト『失われた時を求めて』に加えて、ザ・スズナリ開場30周年記念公演『うお傳説』などがある。2001年に『第2回利賀演出家コンクール』最優秀演出家賞、2005年に『第3回千葉市芸術文化新人賞』を受賞。

関美能留のコメント

この戯曲は、副題にあるように「なつかしさ」をテーマにしているように思う。なつかしさとは、今の時代を憂い、昔は良かったと思うものかもしれない。そして、感染症が猛威をふるっている今、私たちは、なつかしさに頼ってしまっている。しかし、それだけでは、居心地が悪いのも事実だ。今を肯定して、昔をなつかしむこともできるのではないか。きっと、現在の困難な状況も流れ去ってくれるのだから。

イベント情報

『楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜』

2021年8月8日(日)16時開演 会場:千葉県 千葉市生涯学習センター2階 ホール
作:清水邦夫 演出:関美能留 出演: 大倉マヤ 大谷ひかる 立崎真紀子 伊藤紫央里 照明:加藤悦子 イメージ画:ふるやまなつみ 定員:100名 料金:無料(事前申込制)
  • HOME
  • Stage
  • 清水邦夫作、関美能留演出による三条会公演『楽屋』が8月に無料上演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて