『第24回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』が9月から日本科学未来館で開催

『第24回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』が9月23日から東京・お台場の日本科学未来館ほかで開催される。

高い芸術性と創造性をもつメディア芸術作品を顕彰する『文化庁メディア芸術祭』。今回は、世界103の国と地域から集まった3693作品から、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門ごとに、大賞、優秀賞、ソーシャル・インパクト賞、新人賞、U-18賞が選ばれたほか、34の国と地域から集まった114作品からフェスティバル・プラットフォーム賞が選出された。またメディア芸術分野の貢献者に功労賞を贈呈。

アート部門大賞は小泉明郎『縛られたプロメテウス』、エンターテインメント部門大賞は岩井澤健治監督『音楽』、アニメーション部門大賞は湯浅政明監督『映像研には手を出すな!』、マンガ部門大賞は羽海野チカ『3月のライオン』が受賞。フェスティバル・プラットフォーム賞ジオ・コスモス カテゴリーは秋山智哉『ちぎる』、同賞ドームシアター カテゴリーはSandrine DEUMIER、Myriam BLEAU『L'alter-Monde』、功労賞は草原真知子、坂田文彦、さくまあきら、野沢雅子に贈られた。

関連イベントは決定次第、オフィシャルサイトで発表される。

イベント情報

『第24回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』

2021年9月23日(木)〜10月3日(日) 会場:東京都 お台場 日本科学未来館 サテライト会場:東京都 CINEMA Chupki TABATA、有明 パナソニックセンター東京、表参道 スパイラルホール、池袋HUMAXシネマズ、日本橋 分身ロボットカフェDAWN ver.β 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『第24回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』が9月から日本科学未来館で開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて