Official髭男dismの新曲を使用したApple Music空間オーディオキャンペーン

Apple Musicのドルビーアトモスによる空間オーディオの広告キャンペーン「音があふれる空間をいつでも手の中に」が本日8月11日にスタートした。

6月にドルビーアトモスによる空間オーディオを導入したApple Music。ビリー・アイリッシュ、アリアナ・グランデ、ジャスティン・ビーバー、テイラー・スウィフト、Maroon 5、The Weeknd、ハービー・ハンコック、Post Malone、QUEEN、The Beatles、Coldplay、The Rolling Stonesなどの楽曲を空間オーディオ対応で配信している。

キャンペーンにはOfficial髭男dismが空間オーディオ対応で制作した新曲“アポトーシス”を使用。本日8月11日から空間オーディオ対応でApple Music限定配信されているほか、同曲を収録したニューアルバム『Editorial』のプレアドが開始した。8月18日には全収録曲が空間オーディオ対応でApple Music限定配信される。今後、Official髭男dismの過去作品も空間オーディオ対応で発表される予定だ。Apple Musicでは特集ページ「Official髭男dismを空間オーディオで」が開設。

なお、Official髭男dismは本日8月11日に公開された「J-Pop Now Radio」のエピソード40にゲスト出演。空間オーディオ対応の楽曲制作における新しい体験や逸話を語っている。

  • HOME
  • Music
  • Official髭男dismの新曲を使用したApple Music空間オーディオキャンペーン

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて