「本」を様々な観点から楽しむ物産展が渋谷ヒカリエ 8/で開催

『SHIBUYA WANDERING CRAFT 2021 渋本市』が8月19日から東京・渋谷ヒカリエのCreative Space 8/で開催される。

2014年から開催されているマーケットイベント『SHIBUYA WANDERING CRAFT』。今回は「本」をテーマにZINEや、ジャンルに拘らないブックマーケットを展開する。d47 MUSEUM、d47 design travel store、d47 食堂、Creative Lounge MOVといった8/で活動するフロアメンバーをはじめ、Camp inc.、sakumotto,Inc、edition.nord、SUNGUTSなどが参加。会期中は各ブースを巡ることで、紙作りから本が誰かの手に届くまでの過程を8/のフロア全体で体験することができる。

Camp Inc.とsakumotto,Incが共同企画するマーケットではイラストレーター、編集者、クリエイター約30組のZINEが集結。ZINEやグッズ販売のほか、クリエイターによる在店イベントも行なわれる。

参加作家は、ELVIS PRESS、丹野杏香、ナイスガイ編集部、3ジン、デザインソングブックス、もろはしたくみ、麓(ふもと)出版、平山昌尚、Tact Sato、MADO、カチ ナツミ、same old serenade、加賀美健、いとうひでみ、Tomoko Yamashita 山下ともこ、ドキドキクラブ、小竹優太、JAPAN PHOTO AWARD、HERBBY、LEE KAN KYO、zine GGE、関川恵GOLDEN BUTTER BOOKS、TADA REIKO、Hand Saw Press、下平晃道(Murgraph)、中村穣二、Newfave、SPONGE BOOK STORE、gallery commune、PARA BOOK PRESS、カワグチタクヤら。

d47 MUSEUMでは、d47 MUSEUMと繋がりのある人々の著書や「今、そしてこれからの暮らし」のヒントになる本をミシマ社がセレクト。

d47 design travel storeでは、トラベルガイドブック『d design travel』最新号『富山号2』発刊にあわせて富山を特集。富山のものづくりなども紹介される。

d47 食堂では米ぬかをはじめとする食材由来のクレヨンを使った旬の食材ぬり絵を展開。食の目線から「紙に写す素材」について考える。

また2022年4月に「8/」が10周年を迎えるにあたって観光ガイドブック『d design travel WORKSHOP号「SHIBUYA」』を発刊。8月29日にキックオフイベントとして編集長による講演会、「その土地らしい魅力とは」についてのワークショップが行なわれる。

詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『SHIBUYA WANDERING CRAFT 2021 渋本市』

2021年8月19日(木)~8月29日(日) 会場:東京都 渋谷ヒカリエ Creative Space 8/ 時間:11:00~20:00 料金:無料
  • HOME
  • Book
  • 「本」を様々な観点から楽しむ物産展が渋谷ヒカリエ 8/で開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて